<strong>【NFT News Digest】7/4〜7/10|これだけは押さえたいニュース5選</strong>

NFTに興味はあるけど時間がなくて情報をキャッチアップしきれない。そんな方に向けて、本記事では、今週1週間に国内で配信されたプレスリリースの中からNFT Media編集部が厳選したニュースをまとめて紹介します。

お手すきの際にぜひご覧ください。

double jump. tokyo、CVC事業としてdouble jump.venturesを立ち上げ

double jump. tokyo、CVC事業としてdouble jump.venturesを立ち上げ

引用:CVC事業としてdouble jump.venturesを立ち上げ

概要:double jump.tokyo株式会社が、CVC事業として「double jump.ventures(ダブルジャンプベンチャーズ)」を立ち上げたことを発表しました。

 double jump.tokyo株式会社は、「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「My Crypto Saga」などのブロ ックチェーンゲームの開発や、⼤⼿コンテンツホルダー向けにNFTの発⾏販売やゲーム、メタバース連携を⽀援するNFT事業⽀援サービス「NFTPLUS」を提供しています。また、複数人で秘密鍵を管理できるビジネス向けNFT管理サービス「N Suite」の提供・開発も⾏っております。

 国内外の有力プロジェクトへの事業投資を推進するdouble jump.venturesは、プロダクトづくりに苦しむプロジェクトが多い等の課題を解決するために立ち上げられました。

企業:doublejump.tokyo inc.

リリース日:2022年7月5日

DMMがWeb3事業の開始に向け本格始動

DMMがWeb3事業の開始に向け本格始動

引用:DMMがWeb3事業の開始に向け本格始動 

概要:合同会社DMM.comが、2022年8月頃を目処にDMMグループ内にWeb3事業を推進する新会社を設立し、Web3事業に参入すると発表しました。 

 合同会社DMM.comは、会員数3,914万人(※2022年2月時点)を誇る総合サービスサイト「DMM.com」を運営しています。

 Web3には、分散化(様々なビジネスプロセスに、より個人が関わる)、資本還流(トークンインセンティブをこれまで金銭的な評価がされなかった行為や個人へ)という特徴・可能性があります。そこで第一弾としてGameFiの開発に着手し、2023年春頃のリリースを目指しています。また、グループの株式会社DMMビットコインとも連携し、安心・安全なWeb3プラットフォームの開発/運営を行っていくそうです。

企業:合同会社DMM.com

リリース日:2022年7月6日

NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」、体験版「プロフィールNFT」機能の提供を開始

NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」、体験版「プロフィールNFT」機能の提供を開始

引用:NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」、体験版「プロフィールNFT」機能の提供を開始

概要:LINE Xenesis株式会社が、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」において、コミュニケーションアプリ「LINE」のプロフィールアイコンにNFTの設定が可能な体験版「プロフィールNFT」機能を提供開始したことを発表しました。

 LINE NFTは、簡単な操作・決済方法でNFTの購入および取引が可能なLINEのNFT総合マーケットプレイスです。今年4月にサービスを開始して以来、キャラクターやアニメ、スポーツ、アーティストなど幅広いジャンルのNFTを約7万点を販売してきました。また一部NFTが販売直後に売り切れるなどユーザーから多くの反響があります。

 今回LINE NFTでは、ユーザーの皆様にNFTを所有することの楽しみを提供するために、体験版「プロフィールNFT」機能の提供を開始します。この機能は、保有しているNFTを、国内約9,200万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」のプロフィールアイコンおよびLINE NFT上のマイページへの設定が可能です。

企業:LINE株式会社

リリース日:2022年7月7日

「Crypto Art Fes 2022」の参加アーティストおよびフィジカルイベントの詳細が決定!

「Crypto Art Fes 2022」の参加アーティストおよびフィジカルイベントの詳細が決定!

引用:「Crypto Art Fes 2022」の参加アーティストおよびフィジカルイベントの詳細が決定!

概要:株式会社BeyondConceptが、同社と賛同者が企画・運営するNFTアートの祭典、「Crypto Art Fes」(7月11日~17日)の参加アーティストおよび渋谷で行われるフィジカルイベントの詳細が決定したことを発表しました。

メタバースでは、参加が決定したアーティスト・コレクターは、フェスティバルが提供する「メインステージ」(メタバースの場所)で、自身の所有する作品を展示することができます。また、メタバース内に各オウンド空間を紐づけることもでき、「メインステージ」の展示と「オウンド空間へのリンク」の2つでフェスティバルが楽しめます。今回、接続メタバース数は43に上ります。

 参加アーティストは、フィジカルの展示が8組、メタバースの展示が100組です。

企業:株式会社BeyondConcept

リリース日:2022年7月8日

日本初!都内某所に「Mutant Ape Yacht Club」をアイコンに使用したWeb3.0リアルコミュニティスペースがオープン予定 。

日本初!都内某所に「Mutant Ape Yacht Club」をアイコンに使用したWeb3.0リアルコミュニティスペースがオープン予定 。

引用:日本初!都内某所に「Mutant Ape Yacht Club」をアイコンに使用したWeb3.0リアルコミュニティスペースがオープン予定 

概要:「Bored Ape Yacht Club(ボアード エイプ ヨット クラブ)」のアイコンを日本で初めて利用した会員制コミュニティスペース「MUTANT STAND(ミュータント エイプ ヨット クラブ)」が2022年10月、都内に誕生予定であることをお知らせします。

「MUTANT STAND」は、国内外でのWeb3.0コミュニティの交流や、さらなる活性化を目的として、NFTを中心にWeb3.0と様々なカルチャーを独自の視点からクロスオーバーしたイベントやコンテンツ、グッズ販売などを企画中です。

「Mutant Ape Yacht Club」は、世界的なNFTコレクション 「Bored Ape Yacht Club」に用いられている猿のキャラクターが、“突然変異した”というコンセプトで誕生しました。そのアイコンを日本で初めて利用した会員制コミュニティスペース「MUTANT STAND」が2022年10月、都内某所に誕生予定です。

企業:株式会社ON

リリース日:2022年7月8日


▼NFTに関して詳しく知りたい方はこちらから

他にもどういった企業がNFTを活用しているのか気になる方は是非こちらをご覧ください。