COPIC AWARD 2022 NFTプロジェクト始動。コンテスト受賞者の作品をNFTに!

COPIC AWARDコンテスト受賞者の作品をNFT化するプロジェクトがスタート。

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社Too Digital Marketplaceが、『COPIC AWARD 2022』においてコンテスト受賞者の作品をNFT化するプロジェクトを開始することをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

NFTコンサルティング事業を展開する株式会社Too Digital Marketplace(本社:東京都港区、代表取締役社長:手塚康夫、以下「Too DMP」)は、株式会社Too(本社:東京都港区、代表取締役:石井剛太、以下「Too」)が主催する『COPIC AWARD 2022』において、コンテスト受賞者の作品をNFT化するプロジェクトをスタートします。

COPIC AWARD 2022 NFTプロジェクト始動。コンテスト受賞者の作品をNFTに!
  • COPIC AWARD 2022 概要

「COPIC AWARD」とは、世界中のコピックファンを作品でつなぎ、コピックでの作画・制作をより楽しいものにすることを目的としたコンテストです。年齢、国籍、作品のジャンルを問わず応募することが可能となっております。
今回のプロジェクトは従来の受賞特典に加え、コンテスト受賞作品をNFT化するプロジェクトをスタートします。
※コピックとはTooグループで開発したブランドです。

マーカーは358色ものラインナップを持ち、繰り返し長く使用できる点などが評価され、イラスト、アート、デザイン、クラフトなど幅広い分野で活用されています。1987年から発売を開始し、現在は世界70カ国以上で販売しています。

  • 本プロジェクトを実施する背景と経緯

Too DMPはクリエイターやアーティストが創り出す高付加価値なコンテンツを唯一無二の価値を持つNFTとして流通させるサービスを提供することにより、クリエイターやアーティストの新たな活躍の場を生み出し、クリエイター・アーティストのためのまったく新しい経済圏を創出することを目指しています。

今回はCOPIC AWARD 2022コンテスト受賞者の作品をNFT化することで、「NFTを知らなかった」「NFTに興味がある」クリエイターやアーティストまたはファンに世代を超えてNFTを認知してもらい、業界に新たな経済圏を創出していく第1歩目の取り組みとして本プロジェクトを始動させました。

今後もクリエイターやアーティストはもちろん企業に対しても、すべてのクリエイティブなデジタルコンテンツに唯一無二の価値を与えるために事業を展開していきます。

  • COPIC AWARD NFT STORE オープン時期

2022年10月初旬(予定)

  • NFTプロジェクト内容

対象者:
グランプリ受賞者
準グランプリ受賞者
過去受賞者

概要:
COPIC AWARDの受賞者は受賞作品をNFT化する権利が進呈されデジタル化されたコピックアートと紐づくNFTをToo DMPが運営するコピックアワードのNFTショップで販売することが可能です。
また、コピックアワードの受賞者がNFTの購入者に対する商用利用を許可した場合は、NFTの購入者はNFTと紐づくデジタルコンテンツを使用した商品の販売​​や二次創作​​も可能となります。

■株式会社Too Digital Marketplace
ブロックチェーン技術を用いたNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)に関するサービスの提供を行うことを目的に、クリエイティブ市場の総合商社である株式会社Tooの子会社として201年6月に設立。現在はNFTの企画販売、環境構築、運用管理、プロモーションなど幅広くNFTビジネスのコンサルティング事業を展開している。

株式会社Too Digital Marketplaceのロゴ


会社名:株式会社Too Digital Marketplace
所在地:東京都港区虎ノ門3-4-7虎ノ門36森ビル
代表者:代表取締役社長 手塚康夫
事業内容:ブロックチェーン技術を⽤いたNFTの企画販売、環境構築、運用管理、プロモーションなど
URL:https://dmp.too.co.jp/
email:info@dmp.too.co.jp

企業情報

企業名株式会社Too Digital Marketplace
代表者名手塚康夫
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。