InstagramのNFT取引機能が好調スタート、トップアーティストのプロジェクトがわずか10秒で完売

Instagramにてデジタルコレクティブル機能がテスト導入されてから8ヶ月程が経過し、好調に活用されていることが判明しました。

▼NFTに関して詳しく知りたい方はこちらから

世界中に広がる20億人以上のユーザーに作品を公開できる

引用:https://www.instagram.com/p/CkuK8AuDhYL/?utm_source=ig_web_copy_link

Instagramでは、2022年5月に一部のユーザー向けにNFTプロジェクトを公開できる機能が導入されました。

トップクリエイターらはこれを利用し、Web3に関心のある多くのユーザーに作品を公開しました。

Instagramは、世界で20億人以上のユーザーを誇る最大のソーシャルメディアネットワークの1つであり、幅広い購入希望者に作品を見せることができる利便性から、著名なクリエイターたちがこの機能を高く評価しています。

また、トップクリエイターでありInstagramのフォロワーが12万人のDrifter Shoots氏が同プラットフォームにてプロジェクトを公開したところ、10秒で作品が完売したと報告しており、NFTコミュニティ内でポジティブな状況を生んでいます。

Drifter Shoots Instagram:

▼Instagram内でのNFT取引について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

Web2プラットフォームと絡めることの課題と可能性

インスタグラムのアイコン

ポジティブな反応が多い一方で、中央集権化されたWeb2プラットフォームでWeb3ビジネスを行うことに考えが合わない人もいるかもしれません。

さらに、アプリ内課金には、AppleやGoogleから15%から30%という高い手数料が課されるためNFTの販売利益が小さくなってしまう課題もあります。

しかし、Instagramは自社のプラットフォームでNFT取引を可能にすることで、一般の人にとって複雑なオンボーディングプロセスは省き、法定通貨で支払うことができ、DeFiプロトコルに馴染みのない人も容易にNFTを入手することができます。

NFTをメインストリームに普及させるためにはこのようなプラットフォームと絡めることがキーとなるでしょう。

▼Web3について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

▼InstagramでのNFT設定方法ついて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください


元記事:https://nftnewstoday.com/2023/01/12/nfts-instagram-proving-popular-top-artists-sell-out-in-seconds/

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例