myNFTが欧州初の【NFT自動販売機】を「NFT.LONDON」に出展、NFT購入の障壁を取り払うことが狙い

低コストNFTマーケットプレイスである「myNFT」は、11月2日から4日まで開催されるNFT.Londonカンファレンスにおいて、ヨーロッパ初のNFTの自動販売機を展示することを発表しました。

NFT.London
https://www.nft.london/

この自動販売機は、現在ベータ版として稼動している「myNFTマーケットプレイス」の開始を記念したものです。

シンプルかつ親しみやすさを追求し、NFTの普及を目指す

NFT自動販売機

引用:https://twitter.com/nftcalendar/status/1586048523446800386?s=20&t=6Noxzo1kywWLPrPxZkIouw

「myNFT」

この自動販売機の設置によって、NFTの購入プロセスを簡素化できるため、メインストリームへの普及を促すと考えています。

NFTの普及を阻む大きな要因は、「アクセスの複雑さ」です。

例えば、ウォレット設定には技術的な知識が必要で、ほとんどのNFTプラットフォームは直感的に操作しにくく、簡単にアクセスできるものとは言い難い部分があります。

さらには、ガス代が高い、支払い方法が暗号通貨に限定されているなどの欠点もあります。

より多くの人に普及させるには、シンプルかつ親しみやすいものや、フィアットオンランプなどのアクセスしやすいNFTの購入方法が必要です。

(※フィアットオンランプとは、法定通貨を暗号通貨に変換できるサービスのこと。)

「myNFT」の共同創業者であるヒューゴ・マクドナフ氏は声明の中で、「NFTという分野が成長するための最善の方法は、多くの人に関与してもらうことであり、それには障壁を取り払う必要がある」と述べています。

わずか数秒でNFTを購入可能

ロンドンのイメージ

  • 定額料金:10ポンド(約1,700円)
  • 設置場所:クイーン・エリザベス2世センター(カンファレンス会場そばのロンドンのウェストミンスター内)

カンファレンス来場者だけでなく、通りすがりの人でもNFTを購入することができます。

  • 購入制限:一人当たり5NFTまで
  • 支払い方法:Google Pay、Apple Payなど

画面に表示された封筒を選び、コードを入力して料金を支払うと、QRコードが表示され、そこからNFTを保管するデジタルウォレットを含む無料のmyNFTアカウントにサインアップすることができます。

売上は全てチャリティー団体に寄付

チャリティーのイメージ

今回設置される自動販売機の売上は、すべてブロックチェーンエコシステム通じて公共財の資金調達に注力するコミュニティ「Giveth」と、重病の子どもたちに専門看護師を支援する「Roald Dahl's Marvellous Children's Charity」に寄付されます。

Giveth:
https://giveth.io/

Roald Dahl's Marvellous Children's Charity:
https://www.roalddahlcharity.org/donate/

世界中の人々が慣れ親しんでいる購入手段「自動販売機」

自動販売機のイメージ

自動販売機での販売は、一見アナログで時代遅れに見えるかもしれませんが、そうではありません。

メインストリームに普及を広めるためには、シンプルさと親しみやすさが必要となり、まさに自動販売機は、世界中の多くの人が慣れ親しんでいる流通形態のため、いわば革新的なNFTの配布方法なのです。

myNFT:
https://www.mynft.com/

myNFTツイッター:
https://twitter.com/myNFT?s=20&t=-ckVLwPKdKlqQ5gYMpnX5A


元記事:https://nftnewstoday.com/2022/10/28/mynft-will-exhibit-europes-first-ever-nft-vending-machine-at-nft-london/

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例