変化する京都観光。NFTで旅を所有するプランも!

地域の特徴と深く付き合う観光にスポット。

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、ことくらす合同会社が、地域活性化も担う2つの京都観光事業を企画したことをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

消費する観光から、地域の文化を観光客と醸成する観光へ、京都の観光に小さな変化が現れ始めています。文化・芸術と経済をつなぎ文化経済圏の創出を考えるデザイン会社ことくらす合同会社が企画に参加した2つの観光事業。「京都・山科 創造の旅」「京の美をめぐる旅」は、地域の文化や特徴と結びつき、消費だけではなく、地域活性化も担うような内容となっています。

「京都・山科 創造の旅」は山科のお寺に名前を刻む旅。NFTでチケットを買い旅を所有するプランも。

山科旅感とトラディ合同会社が企画する「京都・山科 創造の旅」は、京都の伝統やお寺と観光を結びつけたガイドツアーで、丸一日かけて京都・山科の旅を楽しみます。

コースは3つ。

2022年12月3日、4日に開催された「刀を奉納するプラン」。

こちらは終了していますが、参加者は大石内蔵助と縁のあるコースを巡り、大石内蔵助が過ごしたお寺「岩屋寺」で、刀鍛冶と一緒に奉納する刀を制作しました。

今回おすすめしたいのが、2023年1月28日開催の「竹垣を奉納するプラン」と1月29日開催の「狂言を奉納するプラン」です。

竹垣を奉納するプラン

「竹垣を奉納するプラン」は、竹垣職人で長岡銘竹株式会社で代表を務める真下彰宏氏。伝統で培われたノウハウを間近で学び、一緒に竹垣を作っていきます。今回は大石内蔵助にちなんだお寺「岩屋寺」の庭に竹垣をつくることもあり真下氏が考案した「大石垣」というオリジナルデザインの竹垣を作ります。

竹垣には「建仁寺垣」「金閣寺垣」などお寺の名前が冠されたものがありますが「大石垣」はお寺由来の歴史の偉人の名前を冠した竹垣で、参加者の皆様はプランによりそこに名前を刻んで頂きます。午前中に山科にある歴史をめぐるツアーを行い、大石内蔵助がこの地で何を考えていたのかに、思いを馳せ、午後から竹垣制作を行います。

伝統工芸/伝統芸能の専門家の指導のもと、本格的な作品を作り、お寺に奉納します。奉納することで、持ち帰り用の簡易なものを作る体験でなく、専門家が普段作っている作品を作ることができる他、新しい歴史の1ページになることができます。

※詳細はホームページ(https://make-history-in-yamashina.com/)もご覧ください。
※要事前予約
※制作にはサポートが付きます

2つ目の狂言は世界に通ずる喜劇の世界を演じ、奉納するプランです。

河田圭輔氏

ポーランドでの講演、国内でのワークショップを数多く開催する狂言師、河田圭輔氏指導の元、古典ではなくオリジナルの狂言を大立寺の本堂で披露し奉納するワークショップ形式のガイドツアーです。

午前中にリハーサルを行い、その後、近隣のガイドツアーを行います。ストーリーの元となる場所が登場し、オリジナルのストーリーの背景を楽しみながら山科を鑑賞し、午後には、本堂で本番の狂言をご本尊に向け披露します。

「喜劇は世界に通じる」。本格的な喜劇の表現を学びながら、コミュニケーションの真髄に迫ってください。
※このプランには前日レクチャープランもございます。
※詳細はホームページ(https://make-history-in-yamashina.com/)もご覧ください。
※要事前予約

最後は1月28日に西陣にある勅使寺「妙顕寺」で開催する「京の美をめぐる旅の舞踏パフォーマンス」

妙顕寺

株式会社WAliveが主催する「京の美をめぐる旅」のひとつとして開催される舞踏と音楽のパフォーマンス。伝統芸能にはカテゴライズされていませんが、舞踏は日本発祥のコンテンポラリーダンスであり、身体と哲学の総合芸術です。海外では、マインドフルネスや哲学的思想と静かな身体表現が結びつき、特に南米で多くの方に親しまれています。

今回の主役は舞踏白狐系の杜昱枋(ドゥユウファン)氏。北京での舞踏フェスの開催や、舞踏カンパニーの立ち上げを行い精力的に活動する注目のパフォーマーです。舞踏白狐系のメンバーとともにオリジナルの演目「一笛龍弦四海を舞う」を行います。

杜昱枋(ドゥユウファン)氏

コラボレーションする古典雅楽をルーツに持つ龍笛・篠笛奏者であり作曲家の出口煌玲氏。ヨーロッパやアジアで数多くのツアーを行い現在は後進の育成にも力を注ぐ、篠笛・龍笛の第一人者です。

出口煌玲氏

フリーミュージック界の草分け的存在のコントラバス奏者、森定道広氏も演奏に加わり、音楽と舞、日本と海外の表現芸術のコラボレーションを行います。

森定道広氏

文化、伝統、舞と音楽、様々なジャンルがミックスされた演目ですが、今回のテーマは「和の精神」。舞台となる妙顕寺「四海唱導の庭」は世界をひとつに導くという意味を持つ枯山水の庭で、様々な背景を持つ他ジャンル多国籍の表現が秩序を保ちひとつの表現になる瞬間をお楽しみください。

チケットは事前購入制です。
サイト:https://kyonobi.net/
チケット購入:https://kyonobi0128.peatix.com

企業情報

企業名ことくらす合同会社
代表者名中川直幸
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例