HARTi、NTTドコモと連携しアートアクアリウム美術館 GINZAにてOMO施策を実施

9月1日からオリジナルNFTプレゼント企画にてメタバース体験者へ新サービス「HARTi公式アカウント」の提供を開始

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社HARTiが、株式会社NTTドコモと連携しアートアクアリウム美術館 GINZAでNFTを活用したOMO(オンラインとオフラインの融合)施策を実施することをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

「感性が巡る、経済を創る」を企業理念に、Web3関連技術で新しい文化・芸術市場のエコシステム創造を目指す株式会社HARTi(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉田 勇也、以下、当社)は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と連携し、アートアクアリウム美術館 GINZA(以下、アートアクアリウム美術館)を舞台に、NFTを活用した新たなOMO(オンラインとオフラインの融合)施策(以下、本施策)を2022年9月1日より実施します。本施策はアートアクアリウム美術館内に設置されたメタバース体験者に限定の金魚イラストNFTをプレゼントするというもので、これにより顧客情報を取得することなく、新しいコミュニティを形成しエンゲージメント向上を狙う施策を検討していきます。

  • HARTi、ドコモの連携について

NFTの提供により、お客様の顧客情報等を取得することなくエンゲージメントを高めてコミュニティを形成する新しいOMO施策の有効性を検討したいドコモと、「都市でアートを機能させる」をミッションに、いち早くリアル空間でNFTを活用した実証実験の実績を積み重ね社会へのNFT実装を加速させたい当社の思いが合致し、今回アートアクアリウム美術館を舞台に本施策を行うことになりました。

HARTi、NTTドコモと連携しアートアクアリウム美術館 GINZAにてOMO施策を実施
  • 本施策の体験の流れ
NFTプレゼント施策の流れ


①館内に設置されたデバイスでアートアクアリウム美術館の世界観を表現したメタバースを体験
②体験者にランダムで表示される限定の金魚イラストNFTをプレゼント
③NFT保有者には後日、ウォレットに特別なお知らせが届きます

メタバースを体験したお客様には当社が提供するNFTプラットフォーム「HARTi」(以下、HARTiアプリ)内のウォレットを通じて金魚のオリジナルイラストがデザインされたNFTをプレゼントいたします。
NFT保有者のウォレットには後日、アートアクアリウム美術館からの特別優待のお知らせ等が配信されることで、NFTの保有をきっかけとした来場者のコミュニティ化を目指します。

  • NFTプレゼント施策とコミュニティ化について
NFTプレゼント施策とコミュニティ化について

(1)   概要
ブロックチェーン技術を活用しデジタル作品の唯一性を保証するNFTは、これまでその金銭的価値に注目が集まってきました。本施策では、NFTの唯一性を証明する仕組みを利用し、プレゼントされたNFTの保有をきっかけとした来場者のコミュニティづくりの可能性を検証します。ブロックチェーンにはPolygonを使用し、発行手数料(ガス代)をおさえ一般的なノベルティとほとんど変わらない費用感で提供できるようにしました。

(2)   仕組み
・アートアクアリウム美術館内でのメタバース体験後に表示されるアンケートに答えるとQRコードが表示されま す。
・QRコードをスマートフォンで読み取るとHARTiアプリが立ち上がり、アートアクアリウム美術館特設サイトが開きます。(あらかじめお手持ちのスマートフォンにHARTiアプリのインストールが必要です。)
・NFT発行ボタンを押すことで、複数種類の中からランダムに抽出された金魚イラストのNFTを無償で受け取ることができます。
・NFT保有者にはHARTiアプリ内のウォレットを通じて、特別なご案内が届き、アートアクアリウム美術館との新たな繋がりが生まれます。

なお、本施策では複数種類の金魚イラストのNFTを300枚ご用意します。NFT配布終了後はメタバース体験のみお楽しみいただけます。(2022年12月31日まで)

(3)   今後の活用
本施策を通じて、お客様のNFT取得に関わる受容性や施設へのエンゲージメント向上効果を検証します。今後もリアルやオフラインでの接点を通じてNFTを提供し、NFT保有者をコミュニティ形成するマーケティングや地方創生など様々な形のOMO施策の展開を検討してまいります。

  • 「HARTi公式アカウント」を使用した初の事例
HARTi公式アカウント


HARTiアプリは2022年4月よりサービスを開始、国内初のアプリ型NFTプラットフォームとして、4,000名を超えるユーザーの皆様にお使いいただいております(2022年8月1日現在)。
このアプリは、仮想通貨不要でNFTを購入できる機能や、アプリ内ウォレット「HARTi Wallet」を最短30秒で作成できる機能を中心に、初心者や知識の少ない方でも扱いやすいNFTの流通(無償配布・販売)機能を提供しています。また単なるNFTの流通機能にとどまらず、NFT保有ユーザーへ限定メッセージを送れる機能や、クーポン/eチケットを送れる機能などをβ版で構築してまいりました。
この度、これらのNFTを基軸としたCRM機能を「HARTi 公式アカウント」としてアップデートを行い、8月29日(月)よりサービスの運用をスタートしました。

HARTiについて

 
本施策はこのサービスの最初の使用事例となります。

「HARTi公式アカウント」のオプションとして複数種類からランダムに抽出されたNFTがプレゼントされる機能を追加することで、エンターテイメント性を最大限に引き出し来館者に楽しんでいただける体験設計を行っています。この体験を通してNFTを獲得した方にはチャット機能を通して、特別なご案内や限定コンテンツを配信を行うことや、その他のCRM機能をご利用いただくことで、ユーザーとのLTV(顧客生涯価値:Life Time Value)を向上させる取り組みを継続的に行っていくことが可能です。

  • 会社概要

■株式会社NTTドコモ
・所在地:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
・代表者:代表取締役社長 井伊 基之
・事業内容:通信事業・スマートライフ事業・その他の事業

■株式会社Amuseum Parks
・所在地:東京都港区西新橋2丁目20番1号
・代表者名:代表取締役社長 馬渕 明広
・事業内容:エンターテインメント事業の企画・開発・運営

■株式会社HARTi

株式会社HARTiのロゴ

所在地:東京都千代田区丸の内二丁目3番2号 郵船ビルディング1階
代表者:代表取締役社長CEO  吉田 勇也
事業内容:完全審査制NFTアプリ「HARTi」の開発・運営ならびに、法人向けNFTコンサルティング事業「HARTi for Business」の2事業を主軸に事業展開。「HARTi」は国内の百貨店や商業施設内に出店中のリアル店舗「HARTi Gallery」と連携しており、展示中のNFT作品がアプリ上で簡単に購入可能。法人向けのNFTコンサルティング事業では、単なるIPのNFT化だけでなく、Web3文脈の形成や、マーケット・チェーンの選定支援など、クリプトネイティブに届けるプロジェクトの創出を一気通貫にサポートしている。

URL:https://harti.tokyo

企業情報

企業名株式会社HARTi
代表者名吉田勇也
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。