秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」、マルチシグウォレット機能をリリース

高額な暗号資産もオンライン完結で管理することが可能に

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、double jump.tokyo株式会社が、ブロックチェーンの秘密鍵共有管理サービス「N Suite」のマルチシグウォレット機能をリリースしたことをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

double jump. tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸、以下「double jump.tokyo」)は、ブロックチェーンの秘密鍵共有管理サービス「N Suite(エヌ・スイート)」において、マルチシグウォレット機能の提供を開始したことを発表いたします。これにより、オンライン完結で高額な暗号資産を管理することに適したソリューションが提供可能になります。
https://www.nsuite.io/

秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」、マルチシグウォレット機能をリリース

■ マルチシグウォレット機能リリースの背景
N Suiteは、企業等の組織が安全にブロックチェーンの秘密鍵を管理する仕組みを提供するビジネス向けウォレットサービスです。ワークフロー機能によりブロックチェーンの秘密鍵を組織で安全かつ効率的に管理する仕組みを提供し、NFT発行や暗号資産の送金等のオペレーションにかかる負担を減らすことで、Web3領域への事業参入の障壁を下げる取組を推進してきました。
NFT発行や暗号資産の送金など、日常的に発生する作業を、オンライン完結でスムーズに行えることに好評をいただいております。
N Suiteの利用企業様が増えるにつれ、サービスの用途も多岐にわたるようになり、秘密鍵管理に対する要件も多様になってきました。そして、オンライン完結で高額な暗号資産を管理することに適したソリューションへのニーズが高まってまいりました。
このようなニーズに応えるソリューションとして、マルチシグウォレット機能をリリースすることといたしました。

マルチシグウォレット機能では、暗号資産の送金を行う際に複数の「秘密鍵」が必要となります。これにより、セキュリティの向上や秘密鍵の紛失のリスクを減らすことが可能になります。

■今後の展開
今後、N Suiteでは、秘密鍵の管理方法として、3つのオプションを提供してまいります。

秘密鍵の管理方法

■ N Suiteについて
N Suiteは、複数人で秘密鍵管理できるビジネス向けNFT管理サービスです。NFT発行や暗号資産の送金、スマートコントラクトのデプロイなど、NFT/Web3領域の事業をスムーズかつ効果的に行うための製品を揃えております。組織の秘密鍵管理の課題を解決することで、組織がWeb3の基盤となるブロックチェーンにアクセスするハードルを下げ、Web3の発展を加速させることを目指しています。

 利用申込方法
N Suite オフィシャルサイト(https://www.nsuite.io/)の「お問い合わせ」より、利用希望の旨をご連絡ください。


<double jump.tokyo株式会社 会社概要>
NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」などの人気ブロックチェーンゲームの開発や、大手コンテンツホルダー向けにNFTの発行販売やゲーム、メタバース連携を支援するNFT事業支援サービス「NFTPLUS」の提供を行っております。


会社名:double jump.tokyo株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿4-34-7
代表者:代表取締役 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
ホームページ:https://www.doublejump.tokyo/

double jump.tokyo株式会社のロゴ


本件に関するお問合せ:
Email:contact@nsuite.io
担当:青木 宏文(あおき ひろふみ)

企業情報

企業名doublejump.tokyo inc.
代表者名上野 広伸
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。