【5分でわかる】Coincheck(コインチェック)の口座解説方法

いま流行りのNFTを購入するには、暗号資産取引所で口座開設する必要があります。

  • 口座開設のやり方がわからない
  • かんたんに口座開設の方法が知りたい

この記事では、以上のような方に向けてCoincheck(コインチェック)での口座開設方法を解説します。

Coincheck(コインチェック)とは?

引用:Coincheck公式サイト

Coincheck(コインチェック)は、金融庁登録済の暗号資産取引換業者です。

3年連続で国内仮想通貨取引アプリのなかで最もダウンロードされており、インターネット上ではたくさんのポジティブな評判や口コミが残されています。

それほどまでCoincheckが選ばれているのは、以下の理由があるから。

  1. ダウンロード数No. 1で、みんな使っているので安心して使える
  2. 取り扱い通貨数が国内最大級だから、これさえあれば問題ナシ
  3. 取引所の手数料が0円だから、気軽に取り引きできる

初心者から上級者まで、幅広く利用されているのがCoincheckなのです。

さらに、かんたん本人認証+72時間以内の入金で2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを期間限定で実施中であり、いまもダウンロード数が着々と増えてます。

この記事では、Coincheckの口座開設方法から、無料で2,500円分のビットコインをもらう方法、購入した仮想通貨を使ってNFTを購入する方法までを徹底解説。

まずは、いますぐこちらからCoincheckに登録しましょう。

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法

引用:Coincheck公式サイト

Coincheckの口座開設方法を、3ステップで紹介します。

  1. アカウントを登録する
  2. スマホで本人確認する
  3. 審査結果を待つ

アカウントを登録する

まずは、アカウント登録をしましょう。

PCから登録する場合は、Coincheck会員登録ページを開きます。

スマホから登録する場合は、アプリをダウンロードして開いてください。

すると、メールアドレスやパスワードを入力する画面が表示されますので、そこから任意のメールアドレス・パスワードを入力して、「会員登録」をクリック。

メールアドレスやパスワードはアカウントにログインするために必要となりますので、絶対に忘れないようにどこかにメモしておくのがいいでしょう。

これで、アカウントの登録は完了となります。

コインチェック

スマホで本人確認をする

次に、スマホで本人確認を行っていきます。

本人確認の手順は、以下のとおりです。

  1. 口座開設の条件を確認する
  2. 各種重要事項に同意する
  3. SMS認証を行う
  4. 住所等の基本情報を入力する
  5. 本人確認書類を撮影して提出する
  6. 顔の写真を撮影して提出する

本人確認書類を撮影する際には、有効期限内の本人確認書類であることや、本人確認書類に書かれている文字がブレていないかなどをチェックしてから提出してください。

ここまでやれば、本人確認は終了です。

審査結果を待つ

あとは、審査の結果を待つだけです。

審査結果が届き、承認されるとすべての機能が使えるようになります。

審査結果到着までに数日間の猶予があるため、それまでに二段階認証を行っておきましょう。

二段階認証は必須ではありませんが、Coincheckでは金銭を取り扱うため、設定しておくことによってより安心かつ安全にCoincheckが利用できるようになります。

iOS端末やAndroid端末にダウンロードしたアプリから簡単にできるので、ぜひ認証しておいてください。

Coincheck(コインチェック)でNFTを買う方法

引用:Coincheck NFT(β版)公式サイト

CoincheckでNFTを買う方法は、以下の6ステップです。

  1. Coincheckに入金する
  2. ウォレットを準備する
  3. Coincheckで仮想通貨を購入する
  4. 購入した仮想通貨をウォレットに送金する
  5. NFTマーケットプレイスでほしいNFTを探す
  6. NFTを購入する

Coincheckで口座を開設し、NFTマーケットプレイスをCoincheck NFT(β版)にすることで、初心者でも簡単にNFTをゲットできますよ。

Coincheckに入金する

まず、Coincheckに入金する必要があります。

Coincheckに入金する方法は、以下の3つです。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

入金をする際には、アプリの画面下部にある「入出金」をタップ。

入金の方法を選択すると、銀行振込の場合は振込先情報が、コンビニ入金・クイック入金の場合には支払い情報が表示されますので、表示された情報に従って入金を行ってください。

ウォレットを準備する

次に、ウォレットを準備しましょう。

ここでいう「ウォレット」とは、仮想通貨を管理できる財布のことです。

Coincheck NFT(β版)というマーケットプレイスを利用してNFTを購入する場合はウォレットは必要ありませんので、その場合はこのステップは飛ばして大丈夫です。

有名どころとしては、MetaMaskが挙げられます。

MetaMaskは、イーサリアム系の仮想通貨を送受信・保管できるウォレット。

NFTを購入するためにイーサリアムを必要としているマーケットプレイスが多いため、MetaMaskのウォレットを作成しておけば間違いないでしょう。

Coincheckで仮想通貨を購入する

ここまできたら、ついに仮想通貨の購入に入ります。

Coincheckを開いて、画面左下の「販売所」をタップしてください。

すると、さまざまな仮想通貨の名前が表示されますので、自分が買いたい仮想通貨の名前をタップして、「購入」を選択し、何円分の仮想通貨を買うか入力したあと、再度「購入」をタップします。

これで仮想通貨の購入ができました。

仮想通貨といえば「ビットコイン」が有名ですが、NFT購入を目的とするなら「イーサリアム」を購入しておけば間違いありません。

購入した仮想通貨をウォレットに送金する

いざ、NFTを購入するためにウォレットに送金します。

Coincheck NFT(β版)でNFTを購入するなら、外部ウォレットに仮想通貨を移動させる必要がありませんので、そのままCoincheckにお金を入れたままにして、このステップを飛ばしてください。

Coincheck NFT(β版)以外のマーケットプレイスでNFTを購入するなら、ウォレットに送金が必要です。

MetaMaskからウォレットアドレスを取得し、Coincheckでそのアドレスに対して購入した仮想通貨を送金するように手続きを踏みましょう。

これで、NFTを購入する準備が整いました。

NFTマーケットプレイスでほしいNFTを探す

NFTマーケットプレイスにアクセスして、ほしいNFTを購入しましょう。

マーケットプレイスを選ぶ基準は、以下のとおりです。

  • ほしいNFTが販売されているか
  • 信頼できるマーケットプレイスか
  • 日本語対応などの利便性はどうか
  • 購入時の手数料はどれくらいか

マーケットプレイスに迷ったら、やはりCoincheck NFT(β版)がおすすめ。

日本のNFTマーケットプレイスであることから信頼性もあり、もちろん日本語対応で、さまざまな仮想通貨で購入可能。手数料は0円ですので、気軽にNFTを購入できます。

NFTを購入する

ほしいNFTが見つかったら、いよいよ購入です。

ウォレットのなかにある仮想通貨を使って、NFTを実際に購入してみましょう。

購入の際には、これから価値が変動する可能性が非常に高いことや、NFTマーケットプレイスごとの手数料などに気をつけながら購入してください。

購入手続きが済んだら、あなたもついにNFT保持者です。

Coincheckで口座開設すれば間違いない

仮想通貨やNFTの流行から取り残されないためには、実際に体験してみるしかありません。

しかし、口座開設など非常に難しい手続きが必要で、初心者にとってはハードルが高いもの。

そこで、Coincheckでの口座開設をおすすめしています。

Coincheckなら、とても簡単に口座開設ができて、Coincheck NFT(β版)を利用することによって外部のウォレットがなくてもNFTを購入できてしまいます。

さらにいまなら、かんたん本人認証+72時間以内の入金で2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを期間限定で実施中です。

以下のボタンからCoincheckで簡単に口座開設して、ビットコインをゲットしましょう。

コインチェック