Play and Earn NFTゲームのDEAがLDA Capitalから1,000万ドルの資金調達を実施

GameFiプラットフォーム「PlayMining」の更なる拡大に繋げる

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.が、LDA Capitalから1,000万ドルの資金調達を実施したことをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

シンガポールを拠点にグローバルでGameFiプラットフォーム事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd. (以下、DEA)は、アメリカ合衆国・ロサンゼルスに拠点を置くオルタナティブ投資グループ、LDA Capitalから1,000万米ドルの資金調達を実施したことを発表しました。

DEA、アメリカを拠点とする LDA Capitalから1,000万ドルの資金調達を実施

先月の楽天グループのコーポレートベンチャーキャピタルである楽天キャピタルからのマイノリティ出資に続き、この資金調達により、DEAの事業拡大を加速させ、Web3エンターテインメント・プラットフォームの開発をさらに推進して参ります。

  • LDA Capital Managing Partner/Co -Founder ウォーレン・ベイカー氏のコメント

強固なユーザー層をもち、しっかりとキャッシュフローを生み出している市場のリーダー的な存在であるDEAに対して、柔軟な成長資金をもって支援すると同時に、これからもコンテンツの収益化とP2Eゲームへの革新的なアプローチを進めるサポートをしていけることを光栄に思います。

  • DEA Founder & CEO 吉田直人のコメント

DEAとして、現在のような不安定な市場環境の中で、LDA Capitalから資金提供を受けられることを非常に嬉しく思っています。当社は、現在260万人のユーザーの皆様に、Play and EarnのNFTゲームラインアップを急速に構築、提供しております。今回の資金調達により、当社のプラットフォームをさらに発展させ、市場拡大をさらに推し進めるとともに、当社のエコシステムを拡大する戦略的パートナーシップを積極的に構築し、Web3エンターテインメント業界におけるリーディングポジションを確固たるものにしていきます。

LDA Capitalについて
複雑なクロスボーダー取引に精通したグローバルなオルタナティブ投資グループです。2018年に設立され、高成長で資本集約的な企業に対してダイナミックな資金調達ソリューションを提供しています。LDA Capitalのチームは、43カ国の公開・非公開市場の両方において、資本構造全体で250件以上の取引を実施し、取引総額は110億米ドルを超えています。
https://www.ldacap.com/

左から興梠立哉氏、ウォーレン・ベイカー氏、怒賀良平氏

DEA CSO(Chief Strategy Officer) 興梠立哉(左)
LDA Capital Managing Partner/Co -Founder ウォーレン・ベイカー氏(中央)
DEA CFO 怒賀良平 (右)

DEAの経済圏とGameFiプラットフォームの拡大について
DEAは、2018年に発足した、シンガポールを拠点とするWeb3エンターテインメント企業です。複数のPlay and Earn(P&E)ゲームタイトル 、自社発行の暗号資産DEAPcoin(DEP)、独自のNFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」、クリエイターとファンが共創するメタバースプロジェクト「PlayMining Verse」からなるGameFiプラットフォーム「PlayMining」の運営を行っています。

PlayMiningでは現在、『JobTribes』、『Cookin' Burger』、『麺屋ドラゴンラーメン』、『Graffiti Racer』、『Lucky Farmer』の5つのPlay and Earnゲームを提供しています。プレイヤーはゲームを通じてDEPを獲得し、NFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」でさらにゲームを楽しむためのNFTを購入したり、暗号資産取引所で法定通貨に換金したりすることができます。

また、DEAは、サードパーティのゲーム会社がPlayMiningプラットフォーム上で、ゲームコンテンツを提供し、収益化することを支援しています。具体的には、ブロックチェーン技術の開発ノウハウがなくても、PlayMining上のDEPやNFTマーケットプレイスを活用することで簡単にNFTゲームの開発・提供が可能となります。PlayMiningでは既にフライペンギン社による「麺屋ドラゴンラーメン」がサードパーティタイトルとして展開されており、今後も複数社の参画が予定されています。

DEAがPlayMining事業を通じて目指すものについて、CEO吉田は以下のように述べています。「DEAはすべての活動において、ソーシャルグッドにつながる取り組みをしていると自負しています。ソーシャルグッドには、小規模のインディーズスタジオが新しい領域のゲームに挑戦し、成功するための支援や、世界中で貧困に苦しむ人々にPlay and Earn(P&E)ゲームを通じて生活の糧を得るための支援が含まれています。公平性と透明性こそがWeb3の真の精神であり、DEAが目指すコンセプトでもあります。」

Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. | https://dea.sg/jp/
2018年8月に設立されたシンガポールを拠点とするグローバルなWeb3エンターテインメント企業です。DEAはPlay and Earn(P&E)ゲームの開発会社であり、GameFiプラットフォーム「PlayMining」 、NFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」、メタバースプロジェクト「PlayMining Verse」、自社発行の暗号資産「DEAPcoin」の運営を行っています。3社のIPOを含むスタートアップ企業の設立、ヒットゲームの制作、ウェブテレビ番組の制作、NFTゲームに対する深い理解など、数十年にわたる経験に基づいて、吉田直人と山田耕三の2人の共同CEOがチーム全体を牽引しています。

代表者: 吉田直人 山田耕三 
所在地: 7 Straits View, Marina One East Tower,#05-01,Singapore 018936
設立:  2018年8月
事業内容:GameFiプラットフォーム事業

  • PlayMiningについて

PlayMiningは、従来のIP制作業界で厳しい状況にあるクリエイターをサポートするGameFiとメタバースのプラットフォームです。DEAPcoin($DEP)を利用したNFTマーケットプレイスと、NFTゲームおよびメタバースプラットフォームを組み合わせたコンテンツ制作のための革新的なビジネスモデルとして、現在260万人のユーザーを抱え、『JobTribes』、『Cookin' Burger』、『麺屋ドラゴンラーメン』、『Graffiti Racer』、『Lucky Farmer』など多数のP&Eゲームタイトルを有しています。

企業情報

企業名Digital Entertainment Asset Pte.Ltd
代表者名吉田直人
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例