NFT技術を使用した「ANDART Showcase」構想始動

この記事では、アートの小口投資プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDARTが、NFT技術を使用した「ANDART Showcase」の構想に伴い、Web3 Development Companyとして、事業会社のブロックチェーン活用で国内有数の実績を誇る株式会社Gincoと協業を開始したことをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

日本初、アートの小口投資プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都港区、代表取締役CEO:松園詩織)は、NFT技術を使用した「ANDART Showcase」を構想いたします。また、それに伴い、Web3 Development Companyとして、事業会社のブロックチェーン活用で国内有数の実績を誇る株式会社Ginco(東京都中央区、代表:森川夢佑斗、以下Ginco)と協業を開始します。

  • ANDART Showcaseとは?誰もがアートコレクションを楽しめる世界へ。

ANDART Showcaseは、オーナー権*を所有する作品などを展示・売買できるオンラインスペースです。またANDART ShowcaseではNFT技術を導入し、さまざまなアート体験・優待を会員様にご提供する予定です。

*オーナー権とは、各アート作品の共有持分権(所有権)であり、オンライン上でコレクション、ユーザー間で売買することができます。

ANDART Showcase 3つの特徴

  1. My Collection: ユーザーは自分がコレクションした作品をShowcase上でシェア・販売することができます。
  2. Our Community: 自分のShowcaseにユーザーが遊びに来ます。他のユーザーとアートを通じて交流することができます。
  3. New Experience: ANDARTが幅広いアート体験を提供します。ANDARTからの特別イベントの招待、オリジナルNFT、限定コンテンツへのアクセス、など幅広い優待を受ける権利を配布する予定です。将来的にはOpenSeaなどの外部媒体のNFTコンテンツもシェアすることを構想しています。
  • ANDARTとNFT

ANDART社は「テクノロジーで、アートと社会を結び、拓く。」をビジョンに新しいアート世界の創出を目指しています。そんな中、かねてから会員様よりNFT導入やWeb3.0市場への参入を希望する声を多く頂戴しておりました。今回のNFT導入を皮切りとして、ANDARTはWeb3.0市場へ参入します。

これからもANDARTはアートの新しい楽しみ方を提案し経済圏を拡大していくことで、アートの魅力をより多くの方が楽しめる世界の実現を目指していきます。

先行販売など、最新情報は会員様向けのメールマガジンにて配信しておりますのでぜひご登録ください。
▷ https://and-art.jp/

  • ANDART Showcaseを支えるNFT技術をGinco社が提供

Web3 Development Companyとして、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン活用に取り組む事業者向けサービスを開発・提供するGinco社がANDARTのNFT基盤を支えていきます。継続的な事業成長に向けて、技術的な側面での協業に取り組みます。

今後の詳細につきましては、プレスリリースなどを通じ報告いたします。

株式会社Ginco 会社概要
会社名:株式会社Ginco
代表者:森川夢佑斗
所在地:〒104−0032 東京都中央区八丁堀三丁目27-4
設立:2017年12月21日
事業内容:「Web3 Development Comapany」として、クラウド型ブロックチェーンインフラおよび、同インフラを利用した各種エンタープライズサービスの開発・運営・提供
HP:https://ginco.co.jp/

  • お問い合わせ

アライアンスなどにご興味がありましたら、事業のお問い合わせもお待ちしております。

株式会社ANDART 運営事務局
E-mail:support@and-art.jp

  • ANDARTについて

ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった有名かつ資産性の高いアート作品のオーナー権を1万円から小口で購入し、投資できる、「アートの小口投資プラットフォーム」です。オーナー権とは、各アート作品の共有持分権(所有権)であり、オンライン上でコレクション、ユーザー間で売買することができます。2019年のリリース以来44作品の販売を行い、ユーザー数は約20000人。2021年9月13日には2.8億円の資金調達を実施。

アートの小口投資プラットフォーム「ANDART」 ▶︎ https://and-art.jp/
公式Twitter ▶︎ https://twitter.com/ANDART_official
公式instagram ▶︎ https://www.instagram.com/andart.jp/
公式LINE ▶︎ https://lin.ee/9D9a6rI

  • 会社概要

会社名 :株式会社ANDART
代表者 :松園詩織
所在地 :東京都港区白金台5-15-1 アド白金台ビル1階
設立 :2018年9月 事業内容:共同保有プラットフォームサービス事業、EC事業、アートコンサルティング事業
HP:https://and-art.co.jp/

  • これまでのメディア掲載

・Forbes「アートのオーナー権を少額から購入 作品を複数人で「共同保有」する日本初のサービスとは」https://forbesjapan.com/articles/detail/25926/1/1/1
・日本経済新聞「美術品取引 個人も気軽に スタートバーン、電子証明書で信頼感 アートゲート、数万円から共同購入」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43092080Z20C19A3FFR000/
・ワールドビジネスサテライト「日本初!アートを共同保有」番組内で特集頂きました。
・日経産業新聞「アートシェア登場、あなたも絵画の「一口オーナー」に https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53169980Q9A211C1X11000/
・GOETHE「シェアビジネスの新潮流! たった1万円で有名アート作品のオーナーになる!」https://goetheweb.jp/person/slug-na614b4991002
・Forbes「1万円からはじめる「アートの共同保有」は、日本人の美意識を変えるか?」https://forbesjapan.com/articles/detail/31624
・アスキー「バンクシーも草間彌生も1万円からオーナー権が購入できる注目サービス『ANDART』」https://ascii.jp/elem/000/004/021/4021770/
・共同通信「バンクシーの作品買えます 共同保有、約1万円から」https://this.kiji.is/670516591762408545
・FINDERS「1万円からバンクシーやウォーホル、草間彌生ら超ビッグネームの作品オーナーに。」 https://finders.me/articles.php?id=2483
・日本経済新聞「美術品投資ぐっと身近に スタートアップが変える」 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFZ2964T0Z20C21A1000000/
・TBS「Nスタ」にて「ANDART」をご紹介いただきました。

企業情報

企業名株式会社ANDART
代表者名松園詩織
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。