【NFT × AR】国内外AR技術とNFTを活用したサービス事例 2選

数年前からポケモンGOなどを皮切りに注目された「AR」。

最近では、世界的現代アーティストの村上隆も展示でAR技術を活用するなど、様々な場面でAR技術の活用が見られるようになりました。

そんなAR技術を活用したNFT関連のサービスをご紹介します。

NFT×AR サービス事例2選

MugenARt(ムゲンアート)

引用:人気マンガ作品「魔法使いの嫁」の3D ARフィギュアNFTをPalette(パレット)上で発行し、Mugen ARtにて2022年5月にリリース予定

HP:https://www.mugenart.io/

Twitter:https://twitter.com/MugenARt_Closet

リリース時期:2022年6月

MugenARtは、2022年6月にリリースされた3Dフィギュアを題材にしたプロジェクトです。

第一弾は「魔法使いの嫁」がNFTの3Dフィギュアとして展開されています。

Mugen ARtでは3Dフィギュアを保有していると暗号資産パレットトークンが特典として貰えます。特典は3日ごとに更新され、15日ごとに付与されます。

引用:人気マンガ作品「魔法使いの嫁」の3D ARフィギュアNFTをPalette(パレット)上で発行し、Mugen ARtにて2022年5月にリリース予定

また、AR技術を用いてリアルの空間とNFT作品を一緒に撮影することが可能になっています。

▼購入手順や購入後の確認方法はこちらから

https://maghub.notion.site/8ff8e60664d847f18c2bf20a07e75f26?v=53bfea40cf5844fc89041245f7986b76

〈関連リンク〉
note:  https://note.com/mugenartnft
Medium: https://medium.com/@MugenARt_Closet
Discord: https://discord.com/invite/ZMkNwSuaPg
Notion:https://maghub.notion.site/FAQ-ac931e6e7366427ead6de26103479052

VeVe(ヴィヴィ)

引用:VeVe Digital Collectibles/

HP:https://www.veve.me

Twitter:https://twitter.com/veve_official

VeVe(ヴィヴィ)は、シンガポールを拠点とする企業「ECOMI」が開発しているマーケットプレイスで、高品質なデジタルコレクタブル作品を提供しています。

世界的に人気なディズニーやマーベルのNFTを購入することが可能なマーケットプレイスです。

引用:VeVe Digital Collectibles

VeVeはNFTの購入だけでなく、ギャラリーに作品を展示したり、AR技術を活用し自分の部屋に展示することも可能です。

最後に

世界的に人気なディズニーやマーベルといった大型IPコンテンツがNFTに参入しています。

日本には世界的に人気なコンテンツが多く存在しており、ARの技術との相性はいいでしょう。

本記事では2つの事例を紹介しましたが、今後はさまざまなIPや資産にNFTが活用されていくと思います。

他にも、アニメやゲームなどのNFT活用事例の記事もありますので、興味のある方は以下よりご覧ください!