OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する方法を徹底解説!!

「OpenSeaでNFTを購入したいけど、購入の仕方がわからない‥‥。」

OpenSea(オープンシー)は非常に簡単にNFTを購入、出品できる、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。
しかし、NFTや仮想通貨を触ったことがない人にとってはハードルを感じてしまうものですよね。

そこで、この記事では仮想通貨を触ったことがない人でもわかるようにOpenSea(オープンシー)でのNFT購入方法をお伝えします。

この記事でわかること

・OpenSeaの使い方
・購入したいNFTを探す方法
・OpenSeaを使う際の注意点

OpenSeaの使い方

まずはOpenSeaを使うための準備をしていきます。
OpenSeaを使うための準備は、大まかに以下の手順で行います。

  1. 仮想通貨取引所のアカウント作成
  2. 仮想通貨取引所でイーサリアムを購入
  3. MetaMaskのアカウント作成
  4. MetaMaskへイーサリアムを送金
  5. OpenSeaとMetaMuskを接続

詳しく解説していきます。

1.仮想通貨取引所のアカウント作成

仮想通貨取引所のアカウント作成
出典:https://www.youtube.com/watch?v=UQqYGItr1Ug

まず、仮想通貨取引所のアカウントを作成します。

今回は国内の有名取引所「Coincheck」に登録することを例に進めていきます。

コインチェック 

Coincheckのアカウント作成の流れは以下です。

1.Coincheckのアカウント登録
2.SMS認証を行う
3.本人確認書類を提出

1.Coincheckのアカウント登録

アプリの「会員登録」をタップします。

仮想通貨取引所のアカウント作成

Coincheckのアプリを開き、メールアドレスとパスワードを入力します。
パスワードには半角英数字を混ぜて作成してください。

仮想通貨取引所のアカウント作成

「メールアドレスで登録」タップすると登録したメールアドレス宛にメールが届くので、メールに載っているリンクをタップしてください。

2.SMS認証を行う

SMS認証は、アプリを開き「アカウント」をタップして「ご確認事項」をタップしてください。

仮想通貨取引所のアカウント作成

表示される各種重要事項を確認して、内容に同意・承諾したらチェックを入れて「サービスを利用する」をタップします。
「本人確認書類を提出」をタップしたら電話番号を入力します。

仮想通貨取引所のアカウント作成

「SMSを送信する」をタップし、「OK」をタップします。

仮想通貨取引所のアカウント作成

すると、携帯電話にメッセージが送られてくるので、書かれている認証コードを入力します。

3.本人確認書類を提出

SMS認証ができたら本人確認書類を提出します。
各種個人情報を入力してください。

仮想通貨取引所のアカウント作成

各種個人情報の入力が済んだら、顔写真と提出書類が一緒に写った写真をアップロードします。

仮想通貨取引所のアカウント作成

「ファイルを選択する」をタップしていずれかを選択して写真をアップロードしてください。
本人確認書類の表面と裏面の画像をアップロードし、確認が完了すると完了メールが届き登録が完了します。

2.仮想通貨取引所でイーサリアム購入

アカウント作成が完了したら、次はイーサリアムを購入します。
まず、口座に日本円を入金します。
アプリを開いて「入出金」をタップします。

仮想通貨取引所のアカウント作成

どの方法で入金するか選択します。
方法を選択したら指示に従い入金を行います。

仮想通貨取引所のアカウント作成

入金が完了したら、「チャート」をタップして「イーサリアム(ETH)」を選択します。

仮想通貨取引所のアカウント作成

「購入」をタップします。

仮想通貨取引所のアカウント作成

円単位で購入数量を指定します。
「JPYでイーサリアムを購入」をタップします。

仮想通貨取引所のアカウント作成

最低500円から購入することができます。
出てくるポップアップの「購入」をクリックすれば購入手続き完了です。

3.MetaMaskのアカウント作成

この記事では、MetaMaskをGoogleChromeに接続してOpenSeaで使用する手順を紹介していきます。

まず、MetaMaskのアカウントを作成します。
MetaMaskをchromeウェブストアからダウンロードします。

「chromeに追加」をクリックしてダウンロードします。

MetaMaskのアカウント作成

メタマスクを立ち上げて「ウォレットを作成」をクリックします。

MetaMaskのアカウント作成

「パスワード」を設定します。
また、同時に「秘密のバックアップフレーズ」というものが出るので必ず記録しておきましょう。
忘れてしまうとウォレットをに接続できなくなる可能性があります。

4.MetaMaskへイーサリアムを送金

2で購入したイーサリアムをMetaMaskへ送金します。

MetaMaskを開き、アドレスをコピーします。

MetaMaskのアカウント作成

Coincheckのアプリを開き、「ウォレット」→「ETH」をタップします。

MetaMaskのアカウント作成

「送金」をタップします。

MetaMaskのアカウント作成

「宛先」に先ほどコピーしたアドレスをペーストします。

MetaMaskのアカウント作成

その他の必要事項や送金する金額を入力し、送金を行います。

5.OpenSeaとMetaMask接続

MetaMaskをOpenSeaのアカウントと連携します。
OpenSeaトップページ右上のプロフィールアイコンから「Setting」をクリックします。

OpenSeaとMetaMask接続

すると、ウォレットの接続画面へ移行するのでMetaMaskを選択します。

OpenSeaとMetaMask接続

「接続」→「署名」をクリックします。

OpenSeaとMetaMask接続

これでOpenSeaとMetaMaskのアカウントの接続は完了です。

OpenSeaでのNFT購入方法

NFTのイメージ

購入したい作品を探す

OpenSeaでNFTを購入するには、まずほしいNFT作品を見つける必要があります。

ほしいNFT作品を見つけるには
・OpenSea内で探す方法
・Twitterで探す方法
があります。

OpenSea内で探す方法

NFTはOpenSea内の検索機能を使って直接探すことができます。

OpenSeaのトップページの上部には検索窓があり、自分が探したいコレクション名やアーティスト名を入力するといくつも候補が出てきてその中から好みの作品を見つけられるようになっています。

OpenSea内で探す方法
OpenSea内で探す方法

左側の条件から、価格やブロックチェーンなどで絞り込んで検索もできますので上手に活用してください。

「Stats」→「Rankings」からランキングを見ることもできるので、お気に入りの作品を探してみましょう。

OpenSea内で探す方法

Twitterで探す方法

TwitterもNFT作品を探すのに使うことができます。

Twitterには「ハッシュタグ」というものがあり、「#NFTJapan」や「#nft」、「#NFTcollection」などと検索すればアーティストの作品やギブアウェイ情報などがヒットします。

Twitterで探す方法

もし購入したいアーティストが決まっている場合は、アーティスト名で検索するのもおすすめです。

作品を購入

OpenSeaでNFTを購入する方法は
・出品者の提示している価格で購入する(Buy Now)
・オークション形式で購入する(Make Offer)
の2種類があります。

それぞれ解説していきます。

出品者の提示している価格で購入する(Buy Now)

出品者の提示価格で購入する時は作品ページの「Buy Now」から購入しましょう。

作品を購入

OpenSeaの利用規約に同意するチェック欄にチェックを入れます。

購入するNFTに間違いがなければ「Checkout」をクリックしてください。

作品を購入

これで購入は完了です。

オークション形式で購入する(Make Offer)

オークション形式で購入したい場合は作品ページの「Make Offer」をクリックします。

作品を購入

詳細を確認して問題がなければチェック欄にチェックを入れます。

NFTは「WETH」で購入します。
購入したいWETHの金額を入力して「Convert ETH」をクリックします。

作品を購入

ウォレット内の「ETH」と購入に必要な「WETH」を交換します。
ETHとWETHの交換比率は1:1です。

交換する「ETH」と「WETH」が入力できたら「Wrap ETH」をクリックしてください。

作品を購入

これで購入は完了です。

OpenSeaでの注意点

CAUTION

OpenSeaでNFTを購入する際には、いくつか注意しなければならないこともあります。
・ガス代がかかること
・対応通貨
・詐欺

それぞれ解説します。

ガス代

ETHのイメージ

OpenSeaでNFTを購入、出品するときには「ガス代」と呼ばれる取引手数料がかかります。

ガス代はイーサリアムで支払われ、金額はイーサリアムブロックチェーンの混み具合で決まります。
ブロックチェーンが混んでいるときはガス代は高騰するので、NFTを購入する際にはその都度ガス代を確認して、ウォレットにガス代分のイーサリアムを入れておきましょう。

対応通貨

仮想通貨のイメージ

OpenSeaの対応通貨は基本的にはイーサリアム関連の通貨になります。
・ETH
・WETH
・ETH on Polygon
といった通貨を使ってNFTの購入やガス代を支払います。

他にもNFTによっては使える通貨もありますが、非常に少数なのでOpenSeaでNFTを購入する際にはイーサリアムを用意しておくようにしましょう。

詐欺

困っている人

OpenSea関連の詐欺も多発しているので注意が必要です。
OpenSeaを装ったメールやサイトによるフィッシング詐欺が過去に起こっています。

届いたメールや訪問したサイトが本当にOpenSeaのものであるか、よく確認しましょう。フィッシングサイトにウォレットアドレスを入力してしまうと、最悪の場合ウォレット内の資金が盗まれてしまうこともあります。

仮想通貨を取り扱うとき全てに言えることですが、きちんと公式のものだと確認できた場合にだけ情報を入力するようにしてください。

▼NFT関連の詐欺について詳しく知りたい方はこちらから

まとめ

この記事では、
・仮想通貨取引所への登録方法
・OpenSeaでNFTを購入する方法
・OpenSeaでNFTを購入する際の注意点
について解説しました。

OpenSeaではウォレットを接続するだけで簡単にNFTを購入することができます。
もしNFTに興味があるのなら、ぜひ一度購入してみてはいかがでしょうか。

購入する際は、ガス代がかかることや詐欺などには注意しましょう。

また、NFTの出品・販売方法についての解説もしておりますので、気になる方はぜひチャックしてください!

▼NFTの出品・販売方法はこちらから


▼OpenSeaのHidden問題についてはこちらから