Web3ブランド「META KAWAII」がリアルとデジタル両方で着れる服をオンラインストア「60%」で先行限定発売開始

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社シックスティーパーセントが、Web3ブランド「META KAWAII」のリアルアパレルラインの先行限定販売を開始することをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

​デジタルとリアルを横断することが特徴的なWeb3ブランド「META KAWAII」(メタカワイイ)がオンラインストア「60%」で発売開始。

株式会社シックスティーパーセントが運営する韓国、インドネシア、中国、タイ、ベトナムなどアジア約10カ国以上から入手困難なストリートブランドを中心に約800以上のブランドを取り扱うオンラインストア「60%」にて、Web3ブランド「META KAWAII」(メタカワイイ)のリアルアパレルラインを先行限定販売する。発売される服を購入することで、リアルでの着用はもちろんMETA KAWAIIのアバター「DROP’S」にも同じ服を着せ、リアルとデジタル両方でファッションを楽しむことができる。

販売ページ:https://www.sixty-percent.com/collections/meta-kawaii_cl

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【発売日】
2022年12月19日(月)18:00

【購入場所】
60%(シックスティーパーセント)販売ページ:https://www.sixty-percent.com/collections/meta-kawaii_cl

【価格・サイズ】
・Exclusive Kawaii Rainbow Hoodie
(カワイイ レインボー フーディー)
カラー:ブラック
価格:19,800円(税込)
サイズ:FREE

・Exclusive Kawaii Rainbow Sweat
(カワイイ レインボー スウェット)
カラー:ブラック
価格:18,700円(税込)
サイズ:FREE

■ META KAWAII|メタカワイイ

META KAWAII|メタカワイイは、Web3発のブランドである。
2022年8月に販売したアバター「DROP’S」は累計取引高は約7000万円を突破。(一次、二次流通含む)
2022年12月からリアルアパレルラインを開始し、60%(シックスティーパーセント)で先行限定販売が開始された。

▶公式サイト:
https://metakawaii.jp/
▶Twitter:https://twitter.com/meta_kawai
https://twitter.com/META_KAWAII
▶Instagram:https://www.instagram.com/metakawaii.studio/
▶Discord:https://www.instagram.com/beams_official/

◾️60%(シックスティーパーセント) 

60% (シックスティーパーセント)は、アジアのファッションを世界へ発信するパイオニアとして2018年にスタートしたオンラインストアです。韓国、インドネシア、中国、タイ、ベトナム、日本などのアジア10カ国以上から入手困難なストリートブランドを中心に約800以上のブランドを取り扱う。

▶公式 Instagram:https://www.instagram.com/sixtypercent_official
▶公式サイト:https://sixty-percent.com/

企業情報

企業名株式会社シックスティーパーセント
代表者名真部大河
業種商業(卸売業、小売業)

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例