​【The Sandbox】Coincheck NFT(β版)、8/15よりコインチェックの「LAND」を販売!

​【The Sandbox】Coincheck NFT(β版)、8/15よりコインチェックの「LAND」を販売!

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、コインチェック株式会社が提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」で、メタバースゲーム『The Sandbox』上で自社が保有している土地「LAND(NFT)」が販売されることをお知らせいたします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

コインチェック株式会社(以下、コインチェック)が提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」では、メタバースゲーム『The Sandbox』上で当社が保有している土地「LAND(NFT)」846個を2022年8月15日より販売いたします。

​【The Sandbox】Coincheck NFT(β版)、8/15よりコインチェックの「LAND」を販売!

『The Sandbox』は、ユーザーがメタバース上で、ボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶ「ユーザー主導のゲームメイキングプラットフォーム」です。『The Sandbox』シリーズは全世界で4,000万ダウンロード突破しています。様々なクリエイター(3Dエディター、ノーコードゲームメーカー、アバタークリエイターなど)や300以上のブランドといったパートナー、そして20,500のLANDオーナーと共にモバイルゲームからマルチプレイヤーゲームのプラットフォームに進化し、新しいデジタル空間のムーブメントになっています(※)。
※ ブランド、ユーザー、LANDオーナーの数は2022年6月時点
最新のパートナー情報はこちら:https://medium.com/sandbox-game/partnerships/home

『The Sandbox』創業者セバスチャン・ボルジェ氏とコインチェック天羽健介のインタビュー

『The Sandbox』創業者セバスチャン・ボルジェ氏とコインチェック天羽健介のインタビュー

https://bit.ly/3bsmetq

また、現在コインチェックでは『The Sandbox』にメタバース都市「Oasis TOKYO https://coincheck.com/ja/article/493」を建設しています。「Oasis TOKYO」は、”2035年の近未来都市”をコンセプトにしたメタバース×NFTのコミュニティ拠点となっており、日本を連想させる象徴的な街並みの中に美術館やステージなど様々なイベント施設を設置し、さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指しています。

コインチェックとThe Sandbox、メタバース上で都市開発を開始
https://corporate.coincheck.com/press/I8E199JI

『The Sandbox』の「LAND」は、昨今の「メタバース」への関心の高まりにより需要が急増しています。一方で、「LAND」は、約16万LANDを上限と定めており、今後ますます入手しにくくなっていくことが予想されますので、是非この機会にご購入ください。

「Oasis TOKYO」を含むコインチェックが開発を進めるメタバース都市「Oasis」紹介ムービー

  • 「LAND」販売詳細

販売開始日時
2022年8月15日 12:00(予定)

販売個数
846個

販売価格
1,800 ~ 2,400 SAND
※今回は『The Sandbox』トークンのSAND(サンド)での販売となります。購入はこちら https://bit.ly/3JKeaB1 から。

ご参考
暗号資産SAND(サンド)について
https://bit.ly/3A55SQY

The Sandboxの遊び方
https://bit.ly/3oO7c41

The SandboxのLANDについて
https://bit.ly/3cZ6nTv

企業情報

企業名コインチェック株式会社
代表者名蓮尾聡
業種金融・保険業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。