【NFT×トレーディングカード】各社の活用事例を紹介

様々なアーティストがトレーディングカードをNFTとして販売しています。
この記事では、そのようなNFT×トレーディングカード活用事例を紹介します。

NFTトレーディングカードとは

NFTトレーディングカードとは、NFTに変換可能なデジタルトレーディングカードです。

画像・音声・動画などのデジタルコンテンツを内包しています。

データでありながら、現物のトレーディングカードのように唯一無二のあなたが所有するカードとなります。

また、ブロックチェーンの互換性により所有するカードを他のゲームで使用でき、新しい遊び方を楽しめます。

NFTトレーディングカード活用事例

SKE48×NFTトレーディングカード

「NFTトレカ×SKE48」販売特設ページ
引用:「NFTトレカ×SKE48」販売特設ページ

概要

デジタルトレーディングカードプラットフォーム「NFTトレカ」と、SKE48がコラボし、トレーディングカードが販売されました。

「NFTトレカ×SKE48」販売特設ページ
引用:「NFTトレカ×SKE48」販売特設ページ

また、同時にブロックチェーンカードゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48トレーディングカードのコラボレーションを開始しました。
販売されるNFTトレーディングカードは、クリプトスペルズ内のカードバトルに使用できるようになっています。
ゲーム内でのカードの能力値設定はSKE48のメンバー本人による監修です。

取引について

NFTトレカアプリより購入が可能となっています。

アプリ登録・利用に費用はかかりません。
NFTトレカの購入や所有するデジタルアセットをETH Networkに変更する際のガス代は有料です。

コレクションしたNFTトレーディングカードは、NFTマーケットプレイス「nanakusa」にて出品・売買が可能です。

BABY METAL×NFTトレーディングカード

BABYMETAL NFT販売特設ページ
引用:BABYMETAL NFT販売特設ページ

概要

結成10周年を記念し発売され、結果発売後数分で完売しました。

トレーディングカードはこの10年間の活動を表現した「METAL RESISTANCE全10章」の各章を象徴するデザインとなっています。

取引について

人気格闘ゲーム「ストリートファイター」のNFTを販売したNFTマーケットプレイスであるWAXのブロックチェーンを使用し、アメリカの特設サイトにて販売されました。
WAXウォレットのアカウント作成は必要なものの、クレジットカードもしくはPayPalで購入可能となっています。

アメリカ特設サイト:https://babymetal.cards/

まとめ

この記事では、トレーディングカードをNFTとして活用する事例を紹介しました。

トレーディングカードをNFT化することで、既存のトレーディングカードの枠を越え新しい体験を提供できます。

注目されるトレーディングカード×NFTに、今後も目が離せません。