【NFT×漫画アニメ 活用事例】NFT活用によるクリエイター支援の新しいカタチ

日本のサブカルチャーの一つである漫画・アニメ。

NFTの活用により、オンライン上の二次流通市場での取引の度に作者・出版社へ販売額の一部が半永続的に還元される仕組みが作れます。

そのため世界中の漫画・アニメファンがアイテムを取引することは、クリエイター支援に繋がります。

また、漫画・アニメファンは世界中に数多く存在します。NFTによる新しい漫画・アニメ体験がファンに届けられることで、日本の漫画・アニメの広がりが期待されます。

この記事では、そんな新しいファンとクリエイターの形としてNFTを活用している代表的な事例をご紹介します。

NFT×漫画アニメ活用事例

七つの大罪

『七つの大罪』デジタルコレクション特設サイト
引用:『七つの大罪』デジタルコレクション特設サイト

概要

Anique株式会社は運営するサービス「Anique」にて、『七つの大罪』限定デジタルコレクションを期間限定で販売しました。

「Anique」ではブロックチェーン技術を用いて、コンテンツのアートワークをコレクションとして所有・販売できます。
アートワークの著作権はクリエイターや制作委員会が保有し、デジタル所有権をユーザー間の売買から流通させる仕組みとなっています。

取引所

会社概要

  • 会社名:Anique株式会社
  • 代表者:中村太一
  • 事業内容:インターネットサービス「Anique」

進撃の巨人

『七つの大罪』デジタルコレクション特設サイト
引用:「進撃の巨人」アートワーク特設サイト

概要

株式会社Aniqueは、「進撃の巨人」アートワークのデジタル所有権を販売しました。

「進撃の巨人」アートワークはデジタル所有権が1万円(税別)、デジタル所有権に額装セル画を付けたものが6万円(税別)で抽選販売されます。

取引所

会社概要

  • 会社名:Anique株式会社
  • 代表者:中村太一
  • 事業内容:インターネットサービス「Anique」

ワンピース

「ワンピース」特設サイト
引用:「ワンピース」特設サイト

概要

株式会社集英社が『ONE PIECE』などのマンガアートを「Startbahn Cert.」にて販売開始しました。

『ONE PIECE』、『ベルサイユのばら』などの作品を販売し、サイズや印刷手法など幅広く作品を展開しています。

スタートバーン株式会社が提供する、アート作品のあらゆる情報を記録するブロックチェーン証明書発行サービス「Startbahn Cert.」が、集英社が展開するマンガアートの世界販売事業「SMAH」に導入された形です。

集英社は「Startbahn Cert.」を導入することで、作品の価値となる全ての情報をブロックチェーン上に記録し、漫画のアートとしての新しい価値を担保しようとしています。

取引所

会社概要

  • 会社名:スタートバーン株式会社
  • 代表者:施井泰平
  • 事業内容:「Startrail」、「Startbahn Cert.」、法人・団体との共同開発事業などを展開
  • URL:https://startbahn.jp/about/

まとめ

この記事では、漫画・アニメ×NFT活用事例を紹介しました。

NFTを通し、漫画・アニメに新しい価値が生まれています。

クリエイターによるアニメのアイテムを公式にコレクションでき、かつクリエターにも利益が還元される仕組みはファンとクリエイターの新しい形と言えるでしょう。

今後も全世界に展開されることで、より日本の漫画・アニメ自体の広まりが期待されます。

NFTの権利に関する適正な管理が進み、NFTを取り巻く動きは今後も加速度を増して発展していくでしょう。

漫画・アニメのNFT活用に今後も期待です。