「バーチャル秋葉原」と「そらのうえショッピングモール」、メタバースの相互運用を目指し連携開始!

スマートフォン、パソコンから、アバターで入場する仮想空間の世界を、つなげていく取り組み

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、ベネリックデジタルエンターテインメント株式会社が、「バーチャル秋葉原」と「そらのうえショッピングモール」がメタバースの相互運用を目指して連携を開始することをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ベネリックデジタルエンターテインメント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋晃広)が運営するメタバースの商業施設「そらのうえショッピングモール」は、キャラクターショップを集積した1号館に続き、千代田区観光協会、秋葉原DXエンターテインメント協会、秋葉原観光推進協会と連携し、メタバースの商業施設に秋葉原のメイドカフェや、神保町の古書店街、神田のカレーショップなどを集積した2号館を展開していますが、同じく千代田区、AKIBA観光協議会の支援・公認のもと有名コンテンツや、クリエイターの作品の展示、限定ショップ、神田明神CG空間など秋葉原のメタバース空間「バーチャル秋葉原」を展開しているDNP(大日本印刷株式会社 本社:東京 代表取締役社長:北島義斉)と連携し、お互いが展開している空間に相互送客できるようにして、メタバースの可能性をさらに拡大、発展できる取り組みを開始することにいたしました。

  • 別々にあった2つの世界に相互に行き来し、メタバースの可能性を拡大!
※イメージ画像
※イメージ画像

DNPが展開する「バーチャル秋葉原」は、メインストリートの一つ、中央通りの万世橋から神田明神下交差点までのエリアや「神田明神」をバーチャル空間に再現しています。
この空間では実際の店舗をバーチャルショップとして活用できるほか、中央通りの空中にギャラリースペースを設けるなど、バーチャルならではの拡張も行っています。街の魅力のひとつであるサブカルチャーや、歴史ある神田明神の魅力を国内外に発信するとともに、地域・企業・クリエイター・ファンをXRでつなげることで地域経済の活性化を促し、コンテンツ市場のさらなる拡大と新たな“秋葉原ファン”の創出を図ります。

※イメージ画像
※イメージ画像

※イメージ画像
※イメージ画像


ベネリックデジタルエンターテインメントが展開する「そらのうえショッピングモール」は、「ジブリがいっぱい どんぐり共和国」、「ウルトラマンワールド M78」、「トミカショップ/プラレールショップ」、「サンリオショップ」、「エヴァンゲリオンストア」など人気のキャラクターショップが集結した1号館、そして、「メイドカフェ」、「古書店」、「カレー店」など、秋葉原、神保町、神田界隈のショップを集積した2号館が現在OPENしています。
それぞれ実際の店舗を360度撮影したバーチャルショップとして組み込み、それぞれの店舗、店内を回遊することができます。店内はスタッフによる商品紹介動画や、商品棚のマーカーからオンラインショッピングができるようになっており、店舗スタッフはアバターとして接客することも出来ます。今後さらに様々なショップの展開を計画しており、年内に100店舗以上が集結する予定です。

※イメージ画像
※イメージ画像

※イメージ画像
※イメージ画像

  • キャラクターショップ、イベントについても協業を計画

東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA(東京都渋谷区神南1丁目21-3 渋谷MODI 2F)など、リアル店舗のキャラクターショップやイベントの展開でも、両社はすでに様々な取り組みを行っている為、今後、メタバースとリアル店舗、イベントを組み合わせた相互連携についても取り組みを強化し、進めていくことを計画しています。
個々に展開していたことも紹介しあい、転移できるようにすることで、相互送客が見込めるようになりますが、それぞれの空間に行き来することでより楽しめるイベントスペースやショップを設置し、リアル会場とメタバース会場での展示、物販、ライブなど様々なサービスの展開を考えています。

  • NFT、クリエイター、VTuberとの連携サービスについても検討。
※イメージ画像
※イメージ画像

※イメージ画像
※イメージ画像

DNPは、コンテンツ文化とクリエイティブ業界の発展を目指すDNPクリエイター共創サービス「FUN'S PROJECT(ファンズプロジェクト)」と、リアルとバーチャルの双方で新しい体験価値を創出する「XRコミュニケーション事業」の掛け合わせなどにより、生活者に新しい価値を提供しています。
バーチャル秋葉原内ではアニメやマンガのIPの取り扱いのほか、クリエイターによるIPの二次創作を可能とするビジネススキームを構築し、空間内で展示販売。コンテンツはNFT(非代替性トークン)で管理され、健全な創作ビジネスの循環を実現させる仕組みがあります。

「そらのうえショッピングモール」は、「Vtuberを応援、活躍できる場として活用したい」という主旨のもと、300人以上のVTuberが1分ごとに登場する「VTuber時計」に参加しているVTuber達を紹介する「VTuber展」を開催したり、VTuber達のグッズを制作、販売を応援する「VTuberショップ」をモール内に出店するなどの活動を行っています。また、VTuberとデザイナー、クリエイター、企業などとのマッチングによる制作サービスにも取り組んでいます。

両社のサービスを連携することで、更なる利用者やお客様に喜んでいただけるサービスの創出の可能性を生みだしていくことを検討しています。

■大日本印刷株式会社について
事業内容 :印刷事業(情報コミュニケーション部門、生活・産業部門、エレクトロニクス部門)
所在地  :〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町1-1-1
代表者  :代表取締役社長 北島 義斉
設立   :1894(明治27)年 1 月
URL   :https://www.dnp.co.jp/

■ベネリックデジタルエンターテインメント株式会社について
事業概要:IT技術を活用した商品、サービスの企画、制作、販売及び運営
所在地 :〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル4F
代表者 :代表取締役社長 高橋 晃広
設立  : 2021年10月 
URL  :https://benelic-de.com/

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

企業情報

企業名ベネリックデジタルエンターテインメント株式会社
代表者名高橋晃広
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例