日本発NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」特徴やメリットを紹介

今回は、NFTマーケットプレイスの一つ「nanakusa(ナナクサ)」について紹介します。

nanakusaで何ができるの?

nanakusaの特徴って何?

そもそもnanakusaって何?

そんな方へ向け、この記事ではnanakusaの特徴やメリットを紹介します。

nanakusa(ナナクサ)とは

引用:「nanakusa」公式ページ

NFTマーケットプレイス「nanakusa」は、クリプトアーティスト制作のNFT販売、利用者同士が保有するNFTを売買できる、国内発のNFTプラットフォームサービスです。

出品可能なクリプトアーティストは審査制となっており、nanakusa公認アーティストとして活動されています。スマートアプリでは日本初の個人アーティストがNFTの発行・販売可能なマーケットプレイスです。

話題になった取引事例としては、渋谷の鮨店がマーケットプレイス「nanakusa」とコラボ、旬のネタをNFT化して販売したことがあります。

【nanakusa 基本情報】

運営会社 : 株式会社スマートアプリ

代表取締役 : 高長徳

公式サイト:https://nanakusa.io/

Twitter:https://twitter.com/nanakusa_io

nanakusaのメリットとは

nanakusaのメリットとして、大きく5つ以下に紹介します。

トークンはイーサリアム・Polygon対応

nanakusaのNFT売買に対応しているトークンはイーサリアムとPolygonです。

Polygonはイーサリアムにおいて実行可能なサイドチェーンであり、利用することでイーサリアムで決済にかかるガス代を低く抑えられます。

二次流通市場での発行者へのロイヤリティ還元

nanakusaにて発行されたNFTは、二次流通時以降で行われた売買取引において永続的に事業者・制作者へロイヤリティが還元されます。

還元率の設定は事業者・制作者が発行時に行うことができます。

NFTの保存先を選択可能

nanakusaで発行されたNFTは、nanakusa以外の場所へ画像や動画、電子書籍といったファイルを保存できます。

これにより、仮に一つのサーバからデータが消えてしまっても、別のサーバを通してデータを開くことができます。

公認クリプトアーティストとしてNFTの発行や販売が可能

公認クリプトアーティストは、nanakusaでNFTの発行や販売ができます。
nanakusaにて作品販売を行いたいアーティストは申請を行い、審査を通る必要があり、ここではイラストレーター、ミュージシャン、動画クリエイターなど様々なジャンルのアーティストが募集されています。

公認クリプトアーティストにはNFTの出品販売に関する説明会も行われているようなので、興味のある方は公式サイトから覗いてみてください。

クレジットカード決済へ対応

nanakusa上の決済手段として、一部クレジットカード决済が可能となっています。

日本円での决済が可能で、対応ブランドはVISA, Mastercard、JCB、AMEX、Dinersがあります。

終わりに

この記事では、nanakusaの概要や特徴を紹介しました。

日本のNFTマーケットプレイスも続々と登場しています。他のマーケットプレイスも特徴やメリットを理解しながら、是非一度利用してみてください。