Rakuten NFTが自治体および関係団体がNFTコンテンツを販売する「ご当地NFT」を開設

- 第一弾として、京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会が京都市の広報キャラクター「京乃つかさ」のNFTコンテンツを販売 -

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、楽天グループ株式会社が、運営するNFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォーム「Rakuten NFT」において、自治体および関係団体がNFTコンテンツを販売する「ご当地NFT」を、2022年9月17日(土)に開設することをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

楽天グループ株式会社(以下「楽天」)は、運営するNFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォーム「Rakuten NFT」において、自治体および関係団体がNFTコンテンツを販売する「ご当地NFT」を、2022年9月17日(土)に開設します。

 


 「Rakuten NFT」は、スポーツや音楽・アニメをはじめとするエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイスと、IPホルダーがワンストップでNFTの発行、および販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームを併せ持つサービスです。

 「ご当地NFT」では、都道府県や市区町村などの自治体および関係団体が、地元出身アーティストの作品やご当地キャラクターの動画・画像など、地域にゆかりのあるNFTコンテンツを販売します。その第一弾として、京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会が、9月17日(土)、18日(日)に開催される「京都国際マンガ・アニメフェア2022」(京まふ2022)に合わせ、京都市の広報キャラクター「京乃つかさ」のNFTコンテンツを9月17日(土)11:00より販売します(注)。「ご当地NFT」への出品自治体数・出品数については、今後順次拡大予定です。

 将来的には、自治体が販売するNFTコンテンツを「楽天ふるさと納税」の返礼品として活用できる仕組みも導入予定です。

 楽天は今後も、テクノロジーを通じた地域課題の解決や地域のDX化支援に取り組んでまいります。

(注)詳細は京都市のホームページをご覧ください。
https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000303558.html

■「ご当地NFT」概要
URL:https://regional-creation.nft.rakuten.co.jp
開設日時: 2022年9月17日(土)11:00
内容:
・「Rakuten NFT」において、都道府県や市区町村などの自治体および関係団体が、地元出身アーティストの作品やご当地キャラクターの動画・画像など、地域にゆかりのあるNFTコンテンツを販売することが可能。
・将来的には、自治体が販売するNFTコンテンツを「楽天ふるさと納税」の返礼品として活用できる仕組みも導入予定。

【「Rakuten NFT」について】
・ユーザー向け/スポーツやエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイス
・IPホルダー向け/ワンストップでNFTの発行、および販売サイトを構築することのできる独自のプラットフォーム
HP: https://nft.rakuten.co.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/RakutenNFT

企業情報

企業名楽天グループ株式会社
代表者名三木谷浩史
業種情報通信

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!