IPの二次創作物、二次販売を可能としたNFTプロジェクトを2023年春始動!

世界初 IPの二次創作、二次販売を公式に認めたNFT誕生 「Fun to Craft」を実現する「デスクトップアーミーNFT」始動

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社メガハウスは、Web3.0の社会実装に向けて、ブロックチェーン技術を使ったWalletを開発する株式会社UPBONDとの「デスクトップアーミーNFTプロジェクト」をスタートし、日本や海外のクリエイターに向けた新しい二次創作コミュニティサービスを開始いたしますことをお知らせします。

以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

株式会社メガハウス(バンダイナムコグループ、本社:東京都台東区、代表取締役社長:佐藤 明宏、以下メガハウス)は、Web3.0の社会実装に向けて、ブロックチェーン技術を使ったWalletを開発する株式会社UPBOND(本社:東京都渋谷区、代表取締役:水岡 駿、以下UPBOND)との「デスクトップアーミーNFTプロジェクト」をスタートし、日本や海外のクリエイターに向けた新しい二次創作コミュニティサービスを開始いたします。

 今回始動するNFTプロジェクトの第1弾として、メガハウスが2016年から展開しているオリジナルコンテンツ「デスクトップアーミー (以下DTA)」のフラグシップキャラクターである「シルフィーⅡ」の3DフィギュアデータをNFTとして販売します。NFTを購入したユーザーは3Dフィギュアデータをカスタマイズし、自身で楽しむだけでなく、プロジェクトページを通じてマーケットプレイスで販売することを可能とするコンテンツホルダーが公式に認めた画期的で全く新しいIPコミュニティ形成の場の提供を予定しています。
マーケットプレイスで販売した収益の一部はカスタマイズしたユーザーに還元される「Fun to Craft(マーケットプレイスで販売した収益の一部をカスタマイズしたユーザーに還元する仕組み)」の実現が可能です。(販売するにあたっては事前の申請が必要となります、ブロックチェーンはPolygonチェーンを利用予定です。)
従来のDTAファンのみならずデジタルなモノづくりを楽しみたい方、WEB3.0に興味のある方、自身による二次創作作品を販売することで収益を得たい方に向けたサービスとなっています。

また、カスタマイズした3Dフィギュアデータで世界中から参加出来るデジタルコンテストを実施予定です。
プロジェクトの詳細については、2023年春にローンチを予定しており、DTAのホームページ(https://dt-a.jp/
上で随時更新予定です。

■デスクトップアーミーとは
2016年よりメガハウスが展開しているオリジナルディフォルメフィギュアシリーズ
素体となるフィギュアに多数のハードポイントを備え、豊富なオプション武装を組み換え遊びのように楽しめるユーザーカスタマイズ性に優れた点が特徴的な商品となっています。また、他社商品と連動したコラボレーションや、ユーザーによる二次創作活動を積極的に促しており、それぞれの感性で独自のDTAを作成して楽しむことができます。
これまでに、全75種発売、累計出荷数90万個

■デスクトップアーミー公式サイト:https://dt-a.jp/
■株式会社メガハウス ホビー、フィギュア商品公式サイト「メガホビ」:https://www.megahobby.jp
■株式会社UPBOND公式サイト:https://www.upbond.io/
 

企業情報

企業名株式会社 メガハウス
代表者名佐藤 明宏
業種製造業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください!

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例