「レストランでビットコインが貯まる」トークンエコノミー型グルメSNSシンクロライフ、暗号資産交換業者マーキュリーと提携し飲食加盟店で暗号資産の還元を開始

〜全国1,700店舗以上の飲食加盟店で貯まる〜

NFT Mediaでは、毎日様々なNFT関連のニュースを厳選してお届けしています。

この記事では、株式会社GINKANが、シンクロライフ加盟店である飲食店で、食事代金の一部(1〜20%)がビットコインやイーサリアムなど暗号資産で還元される機能を追加することをお知らせします。以下、プレスリリース詳細を掲載しております。

そもそもNFTって何?を最速で知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)は、資本業務提携先である株式会社セレスの子会社、株式会社マーキュリー(以下、マーキュリー)運営の「CoinTrade」(コイントレード)と提携。全1,700店舗以上のシンクロライフ加盟店である飲食店で、食事代金の一部(1〜20%)がビットコインやイーサリアムなど暗号資産で還元される機能を追加いたします。

TOP画像

飲食店の会計において難しい操作は不要。ユーザーは、シンクロライフアプリ内のウォレットで、予めリワードの種別を設定しておくことで、会計時には提示されるQRコードスキャンのみで自動的に暗号資産が貯まります。


シンクロライフでは、2019年から、飲食代金の一部を、独自のシンクロポイントにて還元を開始しており、シンクロポイントの利用可能先は、コンビニやコーヒーストアなど27ブランド・57万ヶ所にのぼっています。

加えて、今回の提携を機に、シンクロウォレットにリワードの切替機能が追加。ユーザーは好みに応じて、還元されるリワードに暗号資産を選択することが可能となりました。

暗号資産の貯め方
暗号資産の貯め方

暗号資産交換業のライセンス事業者、マーキュリーが運営するコイントレードとの提携により、シンクロライフ内でID連携をすると、コイントレードでの暗号資産の受取や、その後の売買も可能となります。

これにより暗号資産の保有経験がないユーザーでも、秘密鍵の管理も不要で、日常の飲食でリスクなく暗号資産を貯めて保有する新しい体験が創出されます。
CoinTrade(コイントレード):https://coin-trade.cc/

また今後はMetaMaskなどのウォレット連携機能も予定しており、ユーザー自身のウォレットで直接暗号資産を受ることも可能となります。

今後ユーザーが飲食店で貯めた暗号資産でNFT、メタバース、Web3サービスを楽しめる体験を創出し、その架け橋となるウォレットサービスを目指していきます。

■中小規模飲食店のマーケティング課題
シンクロライフの加盟店の多くは、個人店や、系列20店舗未満の、地域密着型の飲食店です。それらの飲食店が、全国で使用できるポイントを発行するのは難しく、また利用先が限定される飲食店独自のポイントなどの還元は、ユーザーにとって利便性のいいものではありませんでした。
またビットコインなど暗号資産の還元を行うことも、技術的課題に加え「付与コスト」や「カストディ」課題など実施ハードルが高い施策でした。

そこで、シンクロライフでは、全国で利用価値を構築したシンクロポイント還元や、ロイヤル客の育成(CRM)など中小規模の飲食店のマーケティング課題を解決し、先行投資なし、完全成果報酬で活用できる仕組みを整えて参りました。

さらに今回、世界中に利用先が広がるだけでなく、投資先としても注目される暗号資産が加わったことで、訪日外国人や暗号資産へ関心が高い顧客層にとっても、飲食の楽しみがさらに広がることとなります。

シンクロライフ加盟店は、追加契約や負担なくビットコインなどの暗号資産を活用したリワード戦略が実施可能となります。
ユーザーがリワード還元を受けるための飲食アクションは、シンクロライフ加盟店のロイヤル顧客の育成(CRM)のための来店データとなり、集客に繋がります。顧客の趣味嗜好に合った魅力的なリワードを飲食店が活用することで、先行投資なし、完全成果報酬で活用できる加盟店サービスのマーケティング効果がさらに高まる仕組みです。

シンクロライフとは
シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出す、世界基準のグルメSNS(Web2)と世界初のEat to earn(WEB3)を搭載したトークンエコノミー型グルメSNSです。ユーザーは美味しい飲食店開拓を楽しみ、レビュー投稿することで、グルメSNS上でのスコアに応じてトークン報酬が分配されます。

2018年にスタートし「Eat to earn」としては世界初となり、現在食いしん坊コミュニティによるレビュー投稿は累積35万件となります。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、ユーザーは最速でコスパの良いお店が見つかる新しい飲食店開拓サービスです。またシンクロウォレットではシンクロライフ加盟店での飲食代金から還元されるポイントや、デジタル優待・会員証などが一元管理でき、継続来店の楽しさも同時に提供しています。

4言語(日・英・韓・中)に対応、155カ国に展開し、レビュー投稿などの貢献で成長するプラットフォームの価値をユーザーに分配、自律的な成長するアジアのプラットフォームを目指しています。
※「グルメSNS」は株式会社GINKANの登録商標です

・シンクロ加盟店サービスサイト
https://business.synchrolife.jp/

・シンクロライフ公式WEBサイト
https://www.synchrolife.io/

参考:トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」⾷べて貯まったポイント利用先が57万ヵ所を突破。「ドトールコーヒー」「コメダ珈琲」「KFC」など有名ブランドeギフトが続々追加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000035259.html

[株式会社GINKAN会社概要 ]
・会社名:株式会社GINKAN
・所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル 11階
・代表者:代表取締役 CEO 神谷知愛
・設立:2015年12月
・URL:https://ginkan.jp

[ シンクロライフ参考情報 ]
■ iPhone
推奨環境:iPhone 5S 以上、iOS 11.2 以上
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449
■ Android
推奨環境:Android 6.0以上
ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife
■ 公式WEBサイト
URL:https://www.synchrolife.io/
■ 飲食店向けWEBサイト
SynchroLife for Business:https://business.synchrolife.jp/

企業情報

企業名株式会社GINKAN
代表者名神谷知愛
業種サービス業

▶︎プレスリリース詳細はこちら


毎週末には、1週間のプレスリリース情報をまとめた記事も投稿していますので、主要なNFTニュースのみを知りたい方はぜひご覧ください。