【NFT×アート】国内外のアート分野によるNFT活用事例10選

ブロックチェーン技術の登場により、NFTを活用したデジタルアート市場が活発化しています。

その結果、多くのデジタルアート作品の売買、新たなクリプトアーティストの誕生、アーティスト支援への新しい関係構築が起こっています。

この記事では、そんなアート分野でのNFT活用事例をご紹介します。

【NFT×アート】国内でのNFTアート活用事例7選

土佐尚子

  • 特設サイト
    https://artnft.herokuapp.com/naokotosa
  • リリース時期
    2021年3月
  • 販売場所
    OpenSea
  • 詳細
    2021年3月24日、最先端技術を使った日本文化の表現をテーマにしている芸術家、土佐尚子が制作した映像作品「Sound of Ikebana:音のいけばな」のオークションがオンライン特設サイト上で実施されました。

    この作品は1/2000秒で撮影されたものだそうで、作品の長さは30秒。
    用意されたのはたったの一点。とても貴重な作品となりました。

    コロナ禍を生きる母子、そして医療従事者への感謝と支援の意思表示として、「命輝く未来社会」をテーマに制作された、この「世界にたった一つのいけばな」のオークション収益の一部は、医療機関に寄付されたそうです。

せきぐちあいみ

  • リリース時期
    2021年3月
  • 販売場所
    OpenSea
  • 詳細
    2021年3月25日、VRアーティストであるせきぐちあいみさんのNFTアート作品「Alternate dimension 幻想絢爛」が、大手マーケットプレイスのOpenSeaで、日本円にして約1300万円で落札されました。

    この作品は、せきぐちさん初のNFTアート作品で、この後にも「Messenger of God 【Kitsune】」、「鏡花水月シリーズ」など、さまざまなNFTアート作品を出品。いずれもOpenSeaにて高額で取引されました。

GenerativeMasks

  • HP
    GenerativeMasks公式HP
  • リリース時期
    2021年8月
  • 販売場所
    OpenSea
  • 詳細
    2021年8月17日、GenerativeMasksは、「ジェネレーティブアート」と呼ばれるNFT10,000個を、OpenSeaにて販売しました。
    これがなんと販売開始からおよそ2時間で10,000個全てが完売してしまい、600万ドル(約6億円)以上のボリュームを生み出したとのこと。

    このNFTの着目すべき特徴は、表情の異なるユニークなマスクを1つずつ自動的に「生成」し、NFTマーケットプレイスにてリロードするたびに異なる色のマスクを楽しめるという点に他なりません。

    DappRadarのデータによると、これまでに3,000人以上がGenerativeMasksを購入。二次流通を合わせると12,000以上の取引が行われ、一部のマスクはすでに複数回所有者が変更されている(譲渡されている)そうです。

RTFKT×村上隆

  • HP
    RTFKTスタジオ公式HP
  • リリース時期
    2021年11月
  • 販売場所
    OpenSea
  • 詳細
    2021年11月、村上隆が、デジタルスニーカーやバーチャルウェアを販売しているデザイン集団「RTFKTスタジオ」のNFTプロジェクト「アバター・プロジェクト」に参加しました。

    今回のプロジェクトで村上氏とRTFKTスタジオは、デジタル生成された2万体の3Dキャラクター(アバター)を制作。村上氏は、キャラクターの目や口、ヘルメット、服などのデザインを担当したとのことです。

    歴代最高落札価格は289ETH(1億4450万円)でした。

コムロタカヒロ

  • リリース時期
    2021年11月
  • 販売場所
    XYZA
  • 詳細
    2021年11月12日、クリプトアートマーケットプレイス「XYZA」にて、現代アーティスト・コムロタカヒロによる「WORMHOLE」プロジェクトの第1弾が始動しました。

    誰もが無料で入手できる第1弾「AIR DROP」は、コムロタカヒロがデザインした4色の「TkoM GEM Mining」が11月12日から72時間限定で抽選配布されました。

    また、第2弾「Dragon Series DROP」では、木彫作品「Dragon」シリーズのオリジナル3Dデータをもとに作成された4種類の「Dragon」のデジタルスカルプチャーをNFTで先着販売。

    第3弾「HYDRA DROP」では、イーサリアムの値動きにあわせて動きが変わる自律反応型アニメーションスカルプチャーで不死身の怪物「HYDRA」を、オークション形式で販売しました。

    これらの作品は、Zora、Openseaにてセカンダリー販売が可能です。

花井 祐介

  • HP
    FWENCLUB公式HP
  • リリース時期
    2022年2月
  • 販売場所
    OpenSea
  • 詳細
    2022年2月14日、デジタル&フィジカルプラットフォーム FWENCLUBから、花井祐介氏の初NFTコレクション「People In The Place They Love」1000個をリリースしました。販売直後こちらの作品は即時完売したとのこと。

    2月14日より大手マーケットプレイスの「OpenSea 」で取引が始まり、2月17日には総取引額が708イーサリアムにまで上りました。
    フロアプライスで見積もると、1,000NFTの総額は6,000イーサリアムに相当します。

    さらにこのNFTは、SOL (BIGBANG) 、Wilson Chen Bolin (台湾人俳優)、 Kevin Ma (Hypebeastファウンダー)など多数のグローバルな著名人が所有しており、国内でもVerbal (音楽プロデューサー兼 Ambush CEO)、清永浩文 (SOPH.代表)、黒木啓司 (EXILE) 、関口メンディ (GENERATIONS from  EXILE TRIBE)らが次々と自身のSNSにで次々と自分のアバターを投稿しました。

Backside works.

  • HP
    1BLOCK 販売ページ
  • リリース時期
    2022年2月
  • 販売場所
    OpenSea
  • 詳細
    2022年2月22日、日本初のデジタルファッションレーベル1BLOCKが、アーティスト「Backside works.」とのコラボレーションをしたバーチャルスニーカーがNFTとして発行されました。

    販売開始時間: 2022年2月22日(火) 21:00(JST)
    販売終了時間: 2022年3月1日(火) 20:00(JST)

    このNFT作品は、「ストリート×カルチャー」の融合を実現した、世界にただ一足だけのバーチャルスニーカーです。最終的な落札価格は、2.176ETHとなりました。

【NFT×アート】国外でのNFTアート活用事例3選

Beeple

  • HP
    Beeple公式HP
  • リリース時期
    2021年3月
  • 販売場所
    CHRISTIE’S
  • 詳細
    2021年3月11日(現地時間)に、デジタルアーティストであるBeepleが5000日間(約13年間)かけて制作したデジタルアート作品「Everydays - The First 5000 Days」がオークションハウスChristie’sにて約75億円で取引されました。

    この取引で「NFT」を知った人は多いかと思いますし、この取引によりNFT×アートの可能性が可視化され、多くのアーティストがNFT作品を出品するようになりました。

    この作品の落札者は、世界最大のNFTファンド「Metapurse」創設者・Metakovan(メタコバン)氏。「Metapurse」は2020年にもBeepleの作品《Beeple Everydays: The 2020 Collection》の初版セットをすべて購入していたとのことです。

ダミアン・ハースト

  • HP
    https://currency.nft.heni.com/
  • リリース時期
    2021年7月
  • 販売場所
    HENI NFT
  • 詳細
    2021年7月、イギリス人アーティスト、ダミアン・ハーストがNFTアート作品「The Currency」(通貨)をリリースしました。

    このNFTアート作品は、カラフルなドットが印象的な10000枚の手描きA4サイズの作品。この作品は偽造防止のために、それぞれにホログラムイメージ、サイン、マイクロドット、そしてシリアルナンバーの代わりに小さな個別メッセージが施され、まるで「貨幣」のような仕様になっています。

    すべてが似たデザインになっていて、ある作品が他の作品よりも優れている、劣っていることはない。10000点すべての作品が「貨幣」のように平等であるということです。

    先ほど「手描き」と伝えましたが、購入者は必ずしもこの物理的な作品を入手するわけではないのです。これはどういうことでしょうか。

    このNFT作品を購入した1年後、購入者は「物理的な作品と交換してNFTを手放す」のか、「NFTを保持して物理的な作品を破棄する」のか選択を迫られます。決して両方は所持できません。どちらを所有するかはコレクターの判断によるということです。

バンクシー

  • リリース時期
    2022年1月
  • 販売場所
    CHRISTIE’S
  • 詳細
    2022年1月10日、バンクシーの絵画「Love Is in the Air(2005年)」が、10000個のNFTとして出品されました。

    この作品、同じアートが10000個複製されているわけではありません。

    なんとデジタル上で1つのアートが10000個に分割されているんです。1つあたり約1500ドル(約17万円)で販売され、一つひとつが作品のどの位置のものかを示すコレクターカードも付属しています。

    販売されたものは、他のNFTマーケットプレイスで二次流通することも可能です。

最後に

本記事では、数々のアート業界におけるNFTの取引事例をご紹介させていただきました。
NFTが話題となった約一年前ごろは、現代アートサイドからは少しNFTに抵抗を感じていたような気がします。

しかし、最近では花井祐介氏や村上隆氏のNFTへの参入により、抵抗感がなくなってきたのではないでしょうか。
これからも、アート業界に関わらず、NFT分野に参入してくる業種・業界は増えてくると思います。

NFT Mediaでは、様々な業種・業界のNFTの活用事例、取引事例をご紹介しておりますので、ぜひこちらもご覧ください!


▼ゲーム業界におけるNFT活用事例

▼漫画・アニメ業界におけるNFT活用事例

▼音楽業界におけるNFT活用事例

▼ファッション業界におけるNFT活用事例

▼ハイブランド業界におけるNFT活用事例