海外NFTマーケットプレイス一覧(全7種)2023年1月更新

ますます盛り上がりを見せる海外のNFTマーケットプレイス。なかでも取引量やユニークさで注目すべき7つのマーケットを紹介します。

海外NFTマーケットプレイス一覧(全7種)

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)のロゴ
引用:https://docs.opensea.io/docs/logos

公式サイト:https://opensea.io/ja
公式Twitter:https://twitter.com/opensea
リリース時期:2017年12月

OpenSeaはNFTマーケットプレイス市場で最も高いシェアを持つプラットフォームです。これまでのNFT市場の発展を支え、2022年5月には4億575万ドル(約532億円)の月間取引高を記録している名実ともに現在No.1のプラットフォームでしょう。

取り扱っているジャンルは、デジタルアート、ゲームアイテム、音楽、ドメインなど、あらゆるジャンルのNFTを扱っています。また、様々なブロックチェーンに対応しており、出品者がガス代の安いチェーンを選択できる点も大きな特徴です。

世界で最も古いPFPコレクションと言われている「CryptoPunks」や世界一人気なコレクション「BAYC(Bored Ape Yacht Club)」を取り扱っています。

日本国内のNFTプロジェクトやNFTコレクターの間でも、最も利用されているNFTマーケットプレイスとなっています。

Rarible(ラリブル)

Rarible(ラリブル)のロゴ
引用:https://rarible.com/branding

公式サイト:https://rarible.com/
公式Twitter:https://twitter.com/rarible
リリース時期:2020年

Raribleは、リリースから順調にユーザー数や取引高を伸ばしており、2022年時点のSNS総フォロワー数は130万人を超えている注目のNFTマーケットプレイスです。

Raribleの大きな特徴の一つとして、RARIトークンが挙げられます。RARIはRaribleが発行しているガバナンストークンで、プラットフォームのアップデート時などに自分の意見を言うための投票権としての機能を持っています。

また、Raribleではユーザーが独自のNFTマーケットプレイスを作成できるツールを提供しており、2022年には1,240以上のマーケットプレイスが作成されています。

Raribleでは、NFT発行時にクリエイターがガス代を払う必要が無い点も特徴です。これにより、クリエイターの負担が軽減され、より簡単に出品できるようになっています。

Magic Eden(マジックエデン)

Magic Eden(マジックエデン)のロゴ
引用:https://magiceden.io/about

公式サイト:https://magiceden.io/
公式Twitter:https://twitter.com/MagicEden
リリース時期:2021年9月

Magic Edenは、主にSolanaチェーンのNFTを取り扱っているNFTマーケットプレイスです。多くのマーケットプレイスでは、主にイーサリアムチェーン上のNFTを取り扱っているため、大きな差別化となっています。SolanaチェーンNFTの取引量で見ると圧倒的なシェアを誇っており、最大手のOpenSeaにも劣っていません。

Solanaチェーンの大きな特徴は、ガス代が安い点です。イーサリアムチェーンの場合、数百円〜数千円かかりますがSolanaチェーンでは数十円程度で済みます。頻繁にNFTを取引するならば、とてもありがたいプラットフォームと言えるでしょう。

取り扱っているジャンルは、デジタルアートやブロックチェーンゲーム関連のNFTが多いです。最近ではSolanaチェーン上のゲームも増えてきているため、今後さらに需要が高まるでしょう。

Foundation(ファンデーション)

Foundation(ファンデーション)のロゴ
引用:https://foundation.app/@metadata/foundation/10825

公式サイト:https://foundation.app/
公式Twitter:https://twitter.com/foundation
リリース時期:2020年5月

Foundationは、完全招待制を廃止したことで話題となったNFTマーケットプレイスです。かつては完全招待制の仕組みを活かして、取引される作品のクオリティが高いことが魅力でしたが、招待制廃止により魅力や人気が落ちてしまったと言われており、巻き返すために今後の打ち手に期待されています。

取り扱っているジャンルは、1点物のアート作品が多く、価格帯も比較的高いのが特徴です。Foundationで出品できるクリエイターは限られているため、NFT作品に対する信用や価値が付きやすいです。

ポケモンやウマ娘などのデザインを担当した「さいとうなおき氏」はFoundationでNFTを販売し、13.69ETH(約270万円)で落札された実績があります。

Foundationで出品している日本人クリエイターはまだまだ少ないですが、日本のアートやアニメの文化は世界でも人気が高いため、NFT市場の拡大と共に日本でも流行する可能性があります。

SuperRare(スーパーレア)

SuperRare(スーパーレア)
引用:https://superrare.com/

公式サイト:https://superrare.com/
公式Twitter:https://twitter.com/SuperRare
リリース時期:2018年4月

SuperRareは、完全審査制のNFTマーケットプレイスです。NFTを出品するためには、運営のとても厳しい審査を通過する必要があります。審査を一発で通過するクリエイターがほとんどいないと言われるほどに厳しい基準があるため、出品されている作品は非常にクオリティが高いです。

取り扱っている作品は、全て1点物のNFTアートです。それぞれのクリエイターの個性や思いが込めらており、高価格帯で取引が行われています。

また、SuperRareではガバナンストークンであるRAREトークンを発行しています。RAREを保有することで、SuperRareのサービス内容や方向性などを決める際の投票権が与えられます。

SuperRareでは、xcopyというクリエイターの「A Coin for the Ferryman」が約6.34億円で落札された実績があります。これから、さらに高額で取引される作品が出てくる可能性があります。

LooksRare(ルックスレア)

LooksRare(ルックスレア)のロゴ
引用:https://docs.looksrare.org/about/brand-logos-usage

公式サイト:https://looksrare.org/ja
公式Twitter:https://twitter.com/looksrare
リリース時期:2022年1月

LooksRareは、他のNFTマーケットプレイスと比べて遅れてスタートしたにもかかわらず、非常に注目を集めています。リリース月には、OpenSeaの取引量を超えたことで話題になりました。

LooksRareでは、LOOKSトークンを発行しています。LooksRareが定める条件をクリアしたNFTコレクションを購入すると、LOOKSを報酬として受け取れます。また、受け取ったLOOKSをステーキングすることもできるため、効率的に資金を増やすことが可能です。

将来的には、LOOKSをガバナンストークンにする予定のため、今のうちから保有しておくことで今後の運営に携わることができます。

LooksRareはリリース時に、OpenSea利用者にLOOKSをエアドロップすることで利用者を増やしました。今後も他のNFTマーケットプレイスに対してエアドロップを行い、ユーザー増やしていく可能性があります。

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)
引用:https://www.niftygateway.com/

公式サイト:https://www.niftygateway.com/
公式Twitter:https://twitter.com/niftygateway
リリース時期:2018年11月

Nifty Gatewayは、完全審査制のNFTマーケットプレイスです。多くのマーケットプレイスでは、誰でも手軽に出品できるが故に、クオリティの低い作品や偽物が販売されてしまうことが問題となっています。出品量を確保するため完全審査制のマーケットプレイスは減ってきているため、Nifty Gatewayの大きな差別化ポイントとなっています。

取り扱いジャンルは、デジタルアートやブロックチェーンゲーム関連のNFTが多いです。Nifty Gatewayでは、世界的ラッパー「エミネム」やDJの「Zedd」など多くの有名アーティストが出品したことで話題になっています。

また、Nifty Gatewayではクレジットカード決済が可能です。NFT購入時の大きなハードルは仮想通貨の購入です。初心者の方でもクレジットカードがあればすぐに購入できるため参入ハードルが低くなっています。

Nifty Gatewayでは、多くの有名アーティストが活動しているため、NFTアート市場の拡大と共に需要が高まっていく可能性があります。

お得な情報をメールで受け取る

NFT Mediaではメールで、最新情報やお得な情報をお届けしています。
ご登録いただくと、キャンペーンやNFTのWhiteListなどお得な情報、注目のプロジェクト情報等お役に立つ最新情報をメールでお知らせします。ぜひご登録ください。

  • NFTのWhiteList(優先購入権)
  • キャンペーン情報
  • 読者限定Giveaway企画
  • 最新NFTコレクション紹介
  • NFTニュース速報
  • NFTビジネス活用事例